Pocket
LINEで送る

木星、もう蠍座に異動しちゃいましたね!
蠍座木星期がどうなるかって見通しが続々出てきていて、見ていて楽しいですよね。
そんな中で、私は空気を読まずにもう終わってしまった天秤座木星期を振り返ります!

もうね、タイトルにすべてを詰め込んだんですけど。
そのまんま、そのまんまなんですけど。

私は言いたいことも言えないポイズンなクソアマだったんですよ。つい最近まで。
それがこの一年で、言いたいことを言える素敵な大人のレディに華麗に成長したんですけど、
振り返ってみるとそれって天秤座木星の影響も大いにあったかな~って思うので、
星の話も少々絡めながら、香ばしい私の話を今日も聞いてください。

 

本音を伝える勇気ある?

皆さんは、好きな人とか大事な人とか
嫌われたくない・ずっと仲良くしていたい・楽しく過ごしたいって思ってる人に
自分の本音を伝えることってできますか?

もっとこうしてほしいなとか…
こうしないでほしいなとか…
自分がモヤモヤしてることに対して、
相手はどう思ってるんだろうとか
いろいろいろ…!聞かなきゃわかんないけど、
伝えなきゃ擦り合わせられないけど…
どうせ言ってもわかってくれないだろうとか、
妄想の仮説を立てて勝手に我慢して
勝手に我慢貯金をためて、満期に達してブチ切れたりして…
不毛ですね。超不毛。

でも、でもね、わかるよ!すごいわかる!
大切な人とか好きな人とか嫌われたくない、
今後も仲良くしていきたいって心から思ってる人に

これ言ったらどうなるだろう…
ウザがられるかな…
面倒くさいって思われるかな…
嫌われるかな…
わかってもらえなかったらもっと悲しい…

とかってなる!なるよ!
大切な人とか大好きな人に限って本音を言えない!

私は言えなかったよ!
30年言えなかった…!

それで言えなくて、壊したくなかった関係や失いたくなかった人を
バーサーカー※1してきたんですね…

でも、この一年で言いたくても言えない本音を勇気をもって、伝えたら
予想とは違うリアクションがきて、今まで体験したことがないような、
あったかい安心した気持ちを得ることができて。
それは私にとってめちゃくちゃ満たされて幸せな感覚で。

そしたら本音、やっぱ言わないと何も始まらないかもしれない。
って考えが徐々に変化して、それにともなって勇気を出して行動できるようになっていきました。

本音を伝えることで最悪、関係が終わるかもしれない。
一時的に悲しみが発生しても、ダメならダメってわかる方が
次の幸せに近づくからいいって、心から思えるようになりました。

本日は言いたいことも言えないポイズンなクソアマだった私が
勇気をもって本音を伝えられる素敵な大人のレディへと華麗なる成長を
どうやって遂げたのかを綴っていきたいと思います。

-もくじ-
①言いたい事も言えないポイズン時代の話を聞いてくれ
②ポイズンなクソアマステータスを脱したプロセスを聞いてくれ
③木星を味方につけて…素敵な大人のレディへ華麗に成長した話を聞いてくれ
④木星の力でホップ・ステップ・ジャンプするコツ

 

①言いたい事も言えないポイズン時代の話を聞いてくれ

そもそもですね、#02でも書いたように
私は本音で話さなきゃいけない人と本音で話すことができなくて
運命の人(かもしれない)との関係をバーサーカーした女なんです。
ほんと、残念ですね!

私はずっと自分が思っていることを相手に伝えるのが怖かった。とても怖かった。
それを伝えて、相手が受け止められなくてコミュニケーション自体が成立しないことや
相手に嫌な思いをさせてたり、傷つけてしまうことも嫌だったし、
何より最悪、関係が壊れる・終わるかもしれないってことが怖くて怖くて。
そんなデメリットを被るくらいなら、言いたい事は言わずに波風立てない方がいいと思っていたし、
問題点に目をつぶって関係性が続くなら、そのメリットが享受できるほうがよかった。

そういう自分が客観的にみて依存的なこともわかっていたし、心の底ではそれも嫌だった。
でも、ないとしんどくてとても生きていけないし、

何かが根本的に間違っていると野生の感でうすうす感づいていても、失うことは耐えられなかったって状態でした。

そうなると、関係の主体は自分ではなく他者が握ることになるし、
関係性の状態に心が支配されるようになる。

どんどん、相手のことが見えなくて・わからなくて、信頼もできなくなっていって
(そりゃ本音で話してないからね、わかる訳ないー!笑)

最終的には、ジ・エンド…というね。

それくらい、本音をいう事に恐れがあって言えない人間でした。
残念ですね、本当に残念ですね。

 

②ポイズンなクソアマステータスを脱したプロセスを聞いてくれ

運命の人(かもしれない)との関係をバーサーカーし、
色々考えたり悩んだり殿方と付き合ったりしたけれど、
根本的に問題を解決どころか、問題の抽出さえできていないので
言いたい事も言えないポイズンなクソアマというステータス状態のままでした。

一応補足しておきますが、クソアマに甘んじていた訳でも、変えたくなかったのではなく
どうやったらクソアマステータスを脱することができるのかマジでわからなかった。
(問題わかってないからねぇ…)

なので、このままではいけないし、成長したい・変わりたいと心の底から思っているのに
色んなことにトライしても、運よく数撃てば問題にあたる訳もなく
行動はするのに変わらないという点もさらにストレスを深めるという負のスパイラルでした。
(絶対にもう戻りたくない)

が、そこで前回のみぽりんと男たちに登場したバーサーカー男と出会って短命に散ったのが
問題を意識するトリガというか、発端になり…

この失恋…というか運命の人(かもしれない)以降、失恋という名の関係性の連敗が続いていて、
本当にマジでつらくて、ムチャクチャ辛くてですね…

相手を得て安心したい。落ち着いて生きていきたいだけなのに…
今の自分ではそれは得られないようだ…でも得たい!安心して、のびのび生きたい!
っていう渇望と課題の波にうわんうわん飲まれまして。

この波から抜け出すためには…もう変わらないと生きていけない。
幸せに生きるということを勝ち取れないって痛感して、
自分の人生のハンドルを握れない自分を本当に変えたくて。

 

で、変わるために何をしたかというと、
心身両面にアプローチする形で
プロの手も借りつつメンタルケアに注力してました。
(失恋のタイミングではなくて、バーサーカー男と出会う前から始めてはいました。)

具体的には以下の3つです。

①カウンセリングでプロの手を借りて過去の心の傷をケアする
⇒運よく相性がいい、とても有能なカウンセラーさんと出会えた。
ケアが高速で進んだ。本当にラッキー

②月1のパーソナルトレーニングと毎日のトレーニングで筋肉を鍛える。
⇒これは姿勢矯正なんですけど、まっすぐ立てれば心もまっすぐになるのでは?
という仮説の基はじめて、仮説通り結果が伴っていたので現在も継続してます。

③日々、ささやかな幸せや充足を意識する。
⇒自分はこれが好きなんだとか満たされるんだって、再確認して
日々の中で自分が楽しさや幸せを感じるポイントを意識して、喜ぶ気持ちに焦点をあてる。

 

③なんですけどね補足すると、こんなこと最初はくっそほど楽しくないんですよ。
でも、そのうち本当に素直に
「わーい!スイカが売ってるうーれしー!買っちゃお!わーい食べるの楽しみ―!」
ってどっかのフレンズみたいに心から素直に喜んだり満たされたりできる状態になっていきました。

人の認知は90日で変わるというので、それまではすぐに定着しないのですね。
90日越えたあたりから、どっかのフレンズみたいな感じにナチュラルになっていったと思います。

①のプロの手を借りるのも、多分抵抗ありますよね。一般的にはまだ。
私もそうだったんですけど、親しい友人の紹介っていうのと
もう自分で考えたり解決しようとしても、にっちもさっちもいかないという状態だったので
何でもいいから、問題を教えてくれい!そしてケアしてくれるならありがたい!という状態でした。

でも、プロってすごいですね。私の思考のバグを高速でデバック※2してくれましたから。
カウンセリングに関しては1~2か月に1回位のペースで1年くらい時間は費やしたと思います。

でも、本当に良かった。カウンセリングを受けると思考のバグがデバックされるので
正しくプログラムが流れるがごとく、被害妄想とかなく事実をそのまま受け取って処理できるんですよ。(この例え伝わるのか…?)

バグなく思考が流れるって、めちゃくちゃ生きやすいし、
健やかなので課題にも向き合えるし、解決できるんですよ。

めちゃくちゃ楽になりました。
このプロセスの何に価値があったって、カウンセリング後って
より楽しく幸せに過ごせる時間がどんどん増えるんですよ。
生きてるのってしんどいって状態から、生きてるのって楽しいって状態で
時を過ごせるのって見えてる世界、全然違いますよ。

時間って不可逆なので、過ぎた時間は取り戻せません。
だからこそ、楽しく過ごせる時間が増えることって、
人生を豊かにする事と直結してるし、めっちゃ価値がある。
だから自己投資として費用対効果かなりいいです。

カウンセリングは今もたまにお世話になってます。
いざというときに頼れるプロがいる安心感、プライスレスです。

①、②、③の改善施策をコンボでキメて、自分をケアする活動に注力して力を蓄えていたら
本音を知っていてほしい人・伝えたい人に勇気を出して伝えられる…勇気というか
もし本心を話しても、それでダメならしょうがないと思えるような、
勇気を出すための心の土台ができていました。

以上が私がクソアマステータスを脱するために経たプロセスです。

 

③木星を味方につけて…素敵な大人のレディへ華麗に成長した話を聞いてくれ

めでたく、ポイズンなクソアマステータスを脱しつつ、あるタイミングで
木星さんが天秤座入りして、素敵な大人へのレディへの成長が加速しました。

もう、木星とか天秤座とかなんやねんと。
いきなりなんやねんと。なりますよね、うんわかるわかる。
今から点線でくくった個所に木星とか天秤座の説明するので聞いてくれよ。
興味ない人は飛ばしてくれてもかまわないぜ。

-------------------
木星ってラッキースターとよく言われているのですが、
平たくいうとマリオのスター状態的な感じで期間限定でステータス異常が起こるみたいな感じです。

どんなステータス異常が起きるかというと、
スター状態のマリオはどんな攻撃にも傷つかないっていうステータス異常ですが
木星はチャンスや機会が増える・可能性が膨らむって部分において
ステータス異常が起こります。フィーバーですね、フィーバー。

なんていうんですかねぇ、例えばおみくじって年に数回しかひかないじゃないですか。
普通に生きてたら機会ってそんなもんですよね。
それが年間100回増しで、3日に1回おみくじひく機会がなぜか発生するみたいな、
そんな感じと思っておいてください。

でね、そのチャンスが起きる事柄が1年ごとに変化するのですね。
で、その分野や領域が16年9月から17年10月が天秤座だったのです。

そうすると天秤座とは何かって話になると思うのですが、
すーごくシンプルにざっくりと表現すれば対人系全般です。
もう少し言及すると、人間関係におけて調整やバランスを取ること。
といって差し支えないかなぁと思います。

天秤座の世界って、”わたし”と”あなた”っていう対象と向かい合ったものでして。
それぞれが”わたし”を持っていて、”あなた”という他者とどう関わるか

天秤座の世界のルールでは、”わたし”と”あなた”は対等です。
そういう意識を持ってお互いの利益や快適さを保ちながら
ちょうどいい点に調整する、バランスを取るというのが天秤座らしさ…かなと私は考察しています。

難しいですよね。
実際に対等ってステータス、中々ないですから
(ないと思ってるが正解かもしれないけど)

でも対等なんです。
立場や年齢が違っても、パワーバランスがあっても

対等であるという前提を基に取り組むのです。
天秤座ってそんな感じです。
-------------------

木星ってガスの天体なんですけど、木星の影響もガスみたいに目には見えないけど、
こう空気中に”ある物質”の濃度が高くなって、ムードとして全体的に漂う的な感じだよな~って感じるのですが(あくまで個人的な感覚ですけど)

だから、この一年は誰にとってもどんな形でも
天秤座の影響に触れるエピソードがあったと思うんですよ。
それが顕在化してなくてもですね、必ずあったと思うんです。大なり小なり。

それが私の場合は、もっと楽しく心地よく人と付き合いたい!
って想いがこう…ぽっと心に芽吹いてですね

でもやっぱ、嫌われたくないし思ってること言うの怖い!
って気持ちは全然わいてくるし…けどけど、

自分をもっと大事にしたい!できるようになりたい!
もっと自分にとって快適な環境とか関係を作れる自分になりたい!
大事にされない・ぞんざいな扱いには我慢できない!

ってブチ切れる自我という芽がすくすく育って大きくなっていって、
無視できない状態でもあり。

にっちもさっちもいかなくなって、勇気を振り絞って振り絞って、
本音を知ってほしい・伝えたい人に対して本音を伝え続けてきました。

もう本当に、初めは怖くて怖くてしょうがなかったんですけど
勇気だして本音伝えて、受け取ってもらえるとこんなに嬉しくて、
こんなに信頼関係が深まるんだなぁって事実にカルチャーショック受けました。

私はずっと、人は自分の意見を受け取るだけの余裕やキャパシティを持った人はあまりいなくて
そんなことすると、逆上したり、逃げたりするって体験しかなかったから。

そういう嬉しい気持ちも相まって、成功体験を初めて得ることができて
失うデメリットや傷つくリスクを取るからこそ、
得ることができる信頼関係というメリットや
安心感や幸福感というベネフィットがあることを学びました。

それってやはり、受け取ってくれた相手がいて成立した体験だったので
今まで味わったことがない喜びとしあわせ感をくれてありがとうって
そのおかげで、痛みを犠牲にしても勇気を出す意義があるんだって確信できたし
それに気づくチャンスをくれて本当に感謝しています。

勇気を出して自分が行動の起点になることで、
それにより受け止められるという現象が起きる(こともある)
自分にとって快適な環境を勝ち取れる力があるって実感できて、
自分で自分をもっと愛せたし信頼もできました。

だーかーら!過去を振り返って己の未熟さを反省することができたんですよね。
相手のせいにばっかりしてたけど、私も未熟なとこあった。だからお互い様だなと。
大人の階段上ったなぁ…って、自分でも思えました。

そういう、相手がいないと成立しないってチャンスがぼっこぼこ発生してたのは
木星が天秤座にあって、対人関係におけるステータス異常が起きていたからこそだし、
そのチャンスを自分の成長に活かすことができて、
この一年で、言いたいことが言える素敵な大人のレディに成長をとげる事ができました。
天秤座木星、チャンスをありがとう!

 

④木星の力でホップ・ステップ・ジャンプするコツ

で、次に木星は蠍座に移動するので、蠍座的チャンスがフィーバーするのですが
やっぱり自分の成長に活かせるようにフィーバーに乗っかっていきたいですよね。
より、楽しい・しあわせ!を勝ち取れる自分にメタモルフォーゼしたいですよね。
(わたしはしたい!)

私も天秤座木星で初めて木星のフィーバーにアクセスできたなと思うのですが

天秤座が何とか、蠍座が何とか知っていてもね
○○座的なことで何にピンポイントに注力した方がいいとかわかんないです。
プロでもそんなもんですよ。
(私のレベルとスキルが低いだけかもしれないですけど)

でもこの一年を振り返ってみて思うのは
目の前の不愉快さを伴う問題に対して、より快適になるようにと処理していたら
それが天秤座木星っぽいタスクだったな~と思うのです。

過ぎてみた初めて、なんとなくコツがつかめるというか。
あ、これが木星に振り回されずに使いこなすってことかって掴めた気がするので
それを共有したいと思います。

 

チャンスは振り回されるもんじゃねぇ、前髪を引きちぎるもんだ

木星のムードに振り回されて、なんとなくお祭り終わっちゃったぁ~とならずに
お土産を持って帰るためにも、チャンスの神様の前髪は毎回引きちぎりましょう。

どうしたら振り回されずに、前髪引きちぎれるかというと

主体性を持つことです。

じゃあ主体性ってなんじゃいと、私は以下のように考えます。

■主体性の要素
・自分が行動を起こせば物事の起点や発生源になることを知っている。
・自分の言動が現実に対して影響力があることを知っている。(多かれ少なかれ)
・自分には現実を変える力があると、知っている・信頼している。
・だから結果として、自分のしたいことをしたいように行動することができる。

ん~、なんか小難しい表現で面白くないですね。
例えば、例えばですよ。

木星がラッキースターだと聞いた時に、

対人関係でチャンスかぁ、どんなラッキーなことがあんのかなぁ♪
気になるイケメンから告白とかされたりしてっ♪
と棚からぼたもち的な発想をしているのが受動的

対人関係でチャンスが拡大するのかぁ、勢いに乗って気になるイケメンに声かけて、
連絡先聞いてみちゃお!仲良くなって気が合えば付きあるなんてこともあるかもなぁ~♪
って棚にあるぼたもち取って食ったろう的な発想するのが能動的。

わかりますか?この違い。

受動的なままだと、自分にとってもたらされる”いい事”や”ラッキ”ーは、外部因子。
つまり自分でコントロールできるものではないという発想なので、
当然振り回されがちになるのですね。

でも、自分が現象の発生源であるという自覚があれば、
自分の行動によって現実はラッキーにもアンラッキーに転がるって認識できるし
現実に起こる様々な事象はある程度は自分のコントロール下にあるという発想になるので、振り回されはしないですよね。

自分に現実を変える力があるって知ってる人は
己の快適さや楽しさのために、できることを行動します。

それが主体性かなぁと思うのです。

主体性を持っていれば、自分がどうしたいという望みを叶えるために、
自分のために行動できるから、木星の影響にも振り回されずに、チャンスを活かす形で取り込めるんだと思います。

 

蠍座木星期に向けて抱負

結局、今まで本音を伝えられなかったのは
”自分が人からどう思われるか”
という自分のことばかり考えていて、相手をちゃんと見ていなかったなぁ…
だからうまくいかなかったのかなって今になって思います。

やっと、”わたし”と”あなた”という世界で”あなた”を本当に意識して行動できたから、
相手に触れられて、触れ合うことができて、そこにぬくもりがあることを知ることができました。

私はずっと、心が満たされて安心できるパートナーシップがほしかった。
でも、自分が心を開いてないからずっとそれが成立しなかった。

最悪、関係が壊れる恐ろしさや寂しさも乗り越えて、
勇気をもって心を開いてコミュニケーションすることで関係性を調整して、信頼関係をつくる。
ここまでが天秤座の世界ならば

対等に存在した上で、繋がり・溶け合って共生するのが蠍座の世界。
おどろおどろしいですね。

天秤座のような軽やかさやスマートさだけでは渡り合っていけないような
肉弾戦の世界のイメージです。

私は占星術大好きで勉強してる割には、
未来のことは、そのときに感じてみて対処したいというワイルドな質でして。

だから、蠍座木星の日々も”いま”という時をフレッシュに感じて、
楽しんで生きていこうと思います。

今の自分はヘビーな蠍座のタスクや課題が降ってきても、
それに向き合えるって信頼してるので、たぶん大丈夫!

経過は随時、記録していきますので
お楽しみに!

-------------------
※1 バーサーカーとは…ここでは粉々にぶっ壊す・破壊するという意味にとってもらえればいいです。そんなんじゃ納得せんわいって方はこちらを参照ください。(https://dic.pixiv.net/a/バーサーカー)
※2 デバックとは…コンピュータプログラムの誤り(「バグ」と呼ばれる)を探し、取り除くことです。

 

Pocket
LINEで送る