火星・牡牛座ミッション「未来を生き抜く力を付ける為に動線を作ろう!」

火星・牡牛座ミッション「未来を生き抜く力を付ける為に動線を作ろう!」

Pocket
LINEで送る

時刻はまもなく22時。
いま私は睡魔と戦いながら布団の中でこれを打っている。

 

しかし眠るわけにはいかない。

 

なぜなら息子が眠り次第、私には遂行しなければならない『未来に関わる重大なミッション』があるからだ。

 

さあ息子よ、早く寝てちょうだい。

 

 

*******

 

さて、火星プロジェクト立ち上げの時、『牡牛座・火星期は掃除をしたくなる』という意見が上がったことがあった。

 

『なぜ火星が牡牛座に入ると掃除がしたくなるのか?』

 

これについて自分なりに色々考えてみたけれど、納得できる答えは見つからないまま時は流れていった。。

 

 

 

そして火星・牡牛座期の今朝。

私と夫は部屋のデッドスペースを片付けて、収納を増やそうと算段しながらこんな話をした。

 

 

私 「息子はまもなく小2になるのに片付けがまるで出来ない。言っても、言ってもまったく効き目がない。」

 

 

夫 「子どもなんてそんなもんだろ。繰り返し言われ続けて身につけていくものじゃないの?」

 

 

私 「何回も言うことが嫌ってことじゃないの。

いくら言っても右から左では意味がないように思う。彼のこれからの為にもアプローチを変えて、自主的に片付けられる場所を新たに作り、そこへ向かって行きやすいような動線を整備する必要があるんじゃないかな…」

 

 

*******

 

そんなこんなで今日の予定を全て済ませた今、家族が寝静まるのをジリジリと待ち構えているというわけ。

 

そんなの明日やればいいのに! って、思いますよね。私もそう思いますよ。

 

でもこれは火星からのミッション!

気になったらやらずにはいられない!!

 

 

火星が牡牛座に滞在している今は、牡牛座と対向サインである蠍座の2-8ハウスが強調される時。このまま、『自分の思いを息子に押し付けていても意味がない』と感じたのもこうした影響なのでしょう。

 

彼のために自分の身の回りの事は自分で出来るようになって欲しいと願うからこそ口を酸っぱくして言っているけれど、私の思いが伝わらないどころか言われ続けることに麻痺する息子。

 

彼が望むのは「片付けなさい」と言われないことでしょうからね。

 

私の思い(2ハウス)と、相手のニーズを(8ハウス)どう折り合いを付けていけばよいかを試行錯誤することで『互いが育っていく』というのはこの時期らしいテーマだけど、なかなか一筋縄にはいかないもの。

 

だからこそ、こちらも成長できるってものですけど…

 

 

 

さてさて、ようやく眠ったようなのでミッションの部屋の片づけでも始めるとしましょう。

 

 

 

あ、そういえば『火星・牡牛座期になぜお掃除をしたくなるのか?』の答えがまだでしたね。

 

今の私なら、答えは『未来の為の環境作り』

 

私は息子の未来に向けて潜在ニーズを引き出す為の動線作りをして、息子はその動線に導かれるように気付いたらお掃除をしていた。(になる予定)

 

たかが片づけだけど、されど片づけ。自ら行動できる力は価値あるもの。

 

そして、『子どもが自分のことが出来るようになる』=『親も自分のための余裕が出来る』ですものね!これ大事!!

 

ぜひ育てたいものです。皆さんはどうでしょうね。

 

実りある牡牛座・火星期になりますように。

この記事を書いたひと

すずきわかな
心理占星術勉強家
4才の息子に翻弄されながら、昼は働くお母さん、夜は寝落ちの日々を送る。
ゆるゆると心理占星術の勉強中。
友人に、良い占い師を紹介して欲しいと頼まれ、信頼出来る占い師がいないなら自分が勉強しちゃえ!と学び始め、大宇宙と人間(小宇宙)の、密接な関係にはまり今に至る。
子育てママと子どものために、占星術を活かす方法を、夜な夜な模索中。
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

すずきわかな

心理占星術勉強家 4才の息子に翻弄されながら、昼は働くお母さん、夜は寝落ちの日々を送る。 ゆるゆると心理占星術の勉強中。 友人に、良い占い師を紹介して欲しいと頼まれ、信頼出来る占い師がいないなら自分が勉強しちゃえ!と学び始め、大宇宙と人間(小宇宙)の、密接な関係にはまり今に至る。 子育てママと子どものために、占星術を活かす方法を、夜な夜な模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください