Pocket
LINEで送る

魚座期のながれ

この時期、新宿御苑を散歩していると至るところに春の兆しを見つけることができる。スイセンが咲き乱れ、サクラのつぼみは膨らみ、プラタナスの木々は若葉の予感に枝を広げる。
気がつくと足元など少しも見ず、春を感じさせるものばかりを目で追いかけているのがわかる。
長い冬は去るのだ。
誰が冬の残像を追いかける必要があるというのか?
これから新しい季節が到来するというのに。

魚座の季節とはそういうときだ。
生の喜び、未来への期待、夢の高鳴り…そういった美しき世界を探し求め、心を弾ませる。
ものごとの明るい側面に光を当て、見たいものだけを見て、次の新しいサイクル―牡羊座の移行の準備をする。

しかし、ともすると冬へと引き戻される日がある。
やり残したこと、未解決の問題、未来への恐れや不安に襲われ、冬の時代に後戻りしようとしてしまう。
季節がめぐろうとも、見ようとしなかったことに片をつけない限り、本当の意味で前に進むことはできないのだ。

12番目のサイン魚座で、私たちはひとつの大きなサイクルを終えることになる。
新しいサイクルに期待が高まる。
夢もふくらむ。
けれど、手放しで喜べないのだとしたら、その理由はなんだろう。
私の未来を阻むものとは何なのか。

魚座=海王星=12ハウスは、カルマの解消、因果法則という真理、自然法則の理解のサインである。

海王星が魚座回帰したのは2011年。
それぞれの国がそれぞれのやり残したことを片付ける時代へと突入したと考えられる。
原発、尖閣、南京、慰安婦、真珠湾、憲法改正…
日々暴露され続けている不祥事や巨額の負債などのニュースもそう。
あらゆる問題を洗いざらい、痛みや悲しみ、不安を抱きつつ、真実が引き出されていく。

水エレメントは、そういった意味で残酷だ。
「胸騒ぎ」という言葉通り、先に心が騒いでしまうのだから、見て見ぬふりをしたって無駄なのだ。
何が起こっているのか、何をすべきなのか、すでに心でわかっている。
だったら重い腰を上げ、片をつけるしかない。
そうしないと、むしろ恐れや不安の中に埋没してしまうだろう。

けれど、真実は美しいものばかりではない。
だからこそ、どうせ光を当てるなら、未来の希望に、喜びの向かう先に。

この時期は、決して気持ちをよどませないように。
真実に目を向けて、ものごとを処理していく勇気を持つように。
わかっていることは、わかってしまったのだから、この時期に清算する努力をするように。
そうすれば、新しい季節は足取りも軽やかだ。

それでは、星宙を見てみよう。

今回の一番のトピックは、やはり2015年7月ぶり、3月4日から開始する金星の逆行運動だろう。
ここには、ひとつふたつ伏線がある。
2016年12月の日本の冬至図は、2ハウス乙女座の支配星、水星が逆行している。
つまり、私たちはすでに2ハウス=金星の逆行を、何かしら体験していることになる。

国でいえば、日本という国の存在価値の見直し、経済政策の見直し、GDPの見直しなどがこれに当たる。
企業もそうだし、私たち個人にも同じことが言える。
もしかしたら、多くの企業が収支の見直しに追われることになっているだろうし、個人でも「何をしてお金を生み出すか」「どんな能力を生かすか」ということがテーマとしてあがってきているかもしれない。

そこにきての2月17日の金星が最大光度になったというニュース。
夜空にひときわ輝く金星に、私たちに内在している金星がうずうずしないわけがないではないか?

金星のもう一つのテーマとして、外交、パートナーシップという意味がある。
このテーマは、2017年の日本を大きく支配するものではあるが、だからこそ、今ここで金星力を上げ、見直し、磨き上げるというのが大事になってくるというわけだ。

誰と、どう、どんなかたちでパートナーを組むのか。
日米首脳会談でのとりあえず成功といえる成果を上げたあと、日本にはアジア外交という問題が控えている。
そこに向かう前に、再び、日本の力、持っている財産や価値の見直しをするべき時であるということだ。

私たち個人もそう。
好景気とは程遠い、むしろ中間層にとっては厳しさを増すだろうと予測される時代、手放しで春を迎えることはできない。

その中で、明るい希望に目をむけつつ、自分の中の金星力――手持ちの札を磨き、育て、そのうえで対等なパートナーシップを組むことを目指す。

そのためにも、私の理想は何か、どんな生を喜びと感じるのか、私が思う美しき世界とはどんなものか、私の心が希望に踊る、そんなイメージを育てておくといい。

そのビジョンに、気持ちのいい色や音を感じることはできるだろうか。

それでは早速、ニコラボの皆さんが書いてくれた12サイン占いを見てみましょう。

各星座の2/18~3/19 — nico先生の赤ペン添削付き

なんと、各星座の星空予報にはnico先生による赤ペン添削付きです!
12星座占いを練習中の方はぜひご覧になってください。

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

今この瞬間をいつも懸命に生きている牡羊座のあなた。今年に入って勢いも増してきましたが、今月は準備のとき。春、そして誕生日が近づくこの期間、これまでの一年を振り返って、次の1年をどんな年に過ごしたいかイメージしておいて。種をまく前に土を耕すように、それが次に進むためのしっかりとした土台となります。2月26日付近は、コミュニケーションの中で、あなたの個性が際立つアイディアが生まれます。目の前の相対する人に、自分がどんな人間なのかをしっかり伝えることを心に留めておこう。多少粗削りな主張でも寛容に受け止めてくれるので、あなたの直感で感じたことや素直な意見を安心して投げてみて。翌日の新月では、心の奥底の声が聞こえてくるような出来事が起こる予感。音楽に深くはいり込んだり、絵画の中を探検してインスピ―レーションを受け取るのもおすすめ。一度すべてを脇に置いて、本当の願い、本当に望む生き方を思い出してみよう。         MT(太陽:射手座 月:水瓶座)


▲目次へ戻る

牡牛座

スタイルが異なる人と接する機会が増える時期。あなたの美学やポリシーと相容れない主張に遭遇して、振る舞いが多少刺激的に感じても、相手に攻撃的な意図があるとは限りません。表現の自由やその人らしさも尊重して寛容を心がけて。即座に感情的になって押し返すのはNG。脊髄反射で心のシャッターを下ろすと、自分を悲劇のヒロインに仕立てて、癒えない傷を抱え込むことになります。この星回りではあなたの自己表現の領域を外側に広げることを意識しましょう。多様な意見や価値観と向き合ってもあなたの価値が損なわれる怖れはない、心に持つ理想や生まれ持った感性まで否定されているわけではない。そのような精神的成長を目指してください。3/11火星の牡牛座入り以降、周囲のモヤが晴れて趣味や仕事に打ち込む意欲が倍増。周囲の動きに左右されない安定感をつかんでおけば、警戒心や対抗心から解放されて自然体で物事を楽しめる流れに必ず乗れます。 MN(太陽:天秤座 月:蠍座)


▲目次へ戻る

双子座

この時期、忙しく立ち回り手腕を発揮するあなたは、責任ある立場を任せられたり、新しい事を始める場において、周囲を先導する役割を担ったりと大活躍!人気もあり、社会的な高評価が寄せられる反面、変わりゆく状況、成長しなければならない自分に、内心は不安で揺れ動くこともしばしば。様々な人の気持ちを慮り、やるせない心持ちになったり、不条理な状況に腹が立ったり、自身の思いを言葉に出来ずストレスを抱えそう。2月後半は、これまで支えてくれていた仲間から巣立ち、一歩を踏み出そうと気持ちを切り替えていけるタイミング。でも、3月前半には、どんなに周囲に人がいても、理解してくれる人がいないのは1人よりも孤独と再び塞込む事も。こんな時は、この体験があるからこそ、人とコミットすることの喜びや価値をさらに深く実感できるようになっていくものと気持ちを緩め、周りの人に合わせ過ぎず、自分をしっかり労って。昔馴染みの友とのおしゃべりが良い気晴らしに! SW(太陽:天秤座 月:水瓶座)

▲目次へ戻る

蟹座

太陽が魚座に移動してもなお「自分的構造改革」は続いている星模様。時代の流れや意識を合理的に機能させシステム化し推進していく天体同士のやり取りは、差し詰め議会の様なもので、どこかの議会は「伏魔殿」なんて揶揄されたりもしたけれど、上からガミガミ言ってくるヒトはどこにでもいるし、気にして何も言えなくなるのは良くない。掲げたいと思うスローガンは隠さないで前に出して行こう。自分が今どんな立場に置かれていてどんな評価にあるのかを感じて考え、それらを利用していかに周りに還元していくかに重きを置いて。ちょっとくらいムリめなスローガンで丁度良い。主張し、声を上げることがだいじ。それが自信になるのだから。どこかの元知事の様に、温泉に浸かってぬくぬくしたいのが蟹座だけれど、世間に見つかって怒られる前に議会のテーブルについてやるべき事をやってしまうこと。 UR(太陽:双子座 月:水瓶座)


▲目次へ戻る

獅子座

とても期待できる1か月。ふだんと違う体験が待っています。それは一人孤独にしていたら得られないようなことです。例えていえば仲間に誘われて霧の立ち込める山の中でキャンプをするような時期。周りはよく見えなくても、火を焚けば赤々と燃え、過去の様々な思いを呼び覚ますきっかけとなるでしょう。歌いたくなったら歌い、眠りたくなったら眠りましょう。目覚めたとき霧は晴れ、あなたは今までよりもずっと強くなっている自分を感じるでしょう。というわけで今月は仕事仲間やパートナーとの関係を大切に。先月と同様旅行、遠出も思い立った時に出かけるとよいです。メリハリ、切り替えも元気の秘訣です。2/26職場で新しいことが始まりそう。何もなかったらこちらから気になる人に声をかけましょう。3/2強い憧れに気づくとき。もし今後失望することがあっても、それは現実化への一歩と割り切って。3/6伝えたいことを言語化するのによい日です。理想を熱く語るべし。 MY(太陽:乙女座 月:乙女座)


▲目次へ戻る

乙女座

今月、乙女座の人に春の嵐が訪れます。他者への慈しみと理解を持ち、深く関わっていくことがテーマ。同時に今までの経験や知識を元に自分のヴィジョン打ち出したいという欲求、それが独創的であれば周囲との協調性を欠いてしまうことも。揺れやすい心と、殻をやぶりたいという衝動の間で神経も疲弊しやすくなるので注意。心もとなさから泳ぎ続けていないと沈んでいく鮪のごとき乙女座になる可能性も。2月26日の新月、現実味を感じなくてもいいので夢のあるアイディアを練ってください。3月3日からは周囲との付き合いは慎重に。恋愛中の人はグッと官能的なムードになりそう。12日の満月頃には、放埓の日々も落ち着きます。抱いた夢をどれだけ手ごたえのあるものにできているかを意識して。情緒不安定になりやすい時期ですが、星の巡りは一期一会。自分の真実を明け渡すことなく、せっかくですから精一杯、情熱的にこのひと月をすごしてください。 IT(太陽:乙女座 月:天秤座)


▲目次へ戻る

天秤座

春めく季節。華やかで活発な交友関係が続きます。人と会う機会が多ければ情報もたくさん流れてきますが、そこは玉石混交。知らず知らずのうちに自分にフィットする情報や考え方ばかり選択して、狭い視野になっている可能性も。この時期はネガティブな印象を受ける「えー!私にはありえない。」「全く考えたことなかった。」ものこそ今の自分の盲点を突く価値ある「玉」であると心得よう。そして対人関係でも3/4〜4月中旬、あなたに苦言をいう人や、これまであまり気にかけていなかった人の中に価値を再発見をすることに。2017年の幸運期を牽引してくれるキーパーソンになるかも。健康面では2/26の新月以降、ついつい誘惑に負けて食べすぎ飲みすぎしそうな暗示。手帳やスマホに食べたもののログをつけてみると抑止にいいかも。身体は春に向かってデトックスしたがっている時期なので、食べ過ぎた翌日はプチ断食で内臓に休養を。 IK(太陽:蠍座 月:山羊座)


▲目次へ戻る

蠍座

人一倍ひたむきで一途なあなた。ずっと頑張って来たことにスポットライトが当たり、忙しい時期になります。けど、きっとあなたは大丈夫。肩の力を抜いて!さぁ、仕事に取り掛かろう!そして、恋愛でも蠍座の底力を試される時期です。3月4日に金星が逆行開始。でも、あなたは悲劇のヒロインなんかじゃありません。誰かに心の穴を埋めてもらおうとはしないこと。あなたの心の穴を埋められるのは、あなた自身。だから、その寂しさを埋めるために、大切な人を巻き込んで、相手にそれを求めてはいけません。そうしないとあなたは海で溺れて、助けに来た人にしがみつき、その人まで巻き添えにして、溺れさせてしまうようなことになりかねないからです。この時期は、意識をシフトして、芸術に触れたり、普段馴染みのないエモーショナルなものに、はまってみましょう。きっと、いい刺激を受けれるはず。自分の才能や可能性に気づけるかもしれません。3月20日は春分の日。新しい始まりのとき。ネバーギブアップ! TH(太陽:牡羊座 月:天秤座)


▲目次へ戻る

射手座

冬は道端で行き倒れたら凍死するから“あえて”コタツから出なかった射手座の皆さま、もうすぐ春がやってきます。さあ、コタツから這い出して野に出よ海を往け!と言いたいところですが、今月はまだ寒いので思う存分ぬくぬくしていたほうが吉です。とはいえ、本格的に春になったらコタツを片付けなくてはいけません。今のうちにコタツから出るイメージトレーニングをしておきましょう。2/26は新月。身体の力を抜いてコタツという宇宙を感じましょう。リラックスすることでコタツを失う恐怖が和らぎます。3/3ごろ、一回コタツから出でみましょう。すぐに戻ってしまってもオーケーです。少しずつコタツの設定温度を下げていって、3/12の満月までに「弱」でも生きられる身体にしておきましょう。コタツからの再脱出は3/15に。ここでコタツなしで生きるために必要な装備を確認しておきます。そして、3/20にはコタツから飛び出していきましょう。 MZ(太陽:射手座 月:蠍座)


▲目次へ戻る

山羊座

山羊座さんはここ数ヶ月、外でも内でも、様々な場所で自分が自分として力を持ち続けるには、ということを考えているかもしれません。役に立ったり、頼りにされたり、自分に出来ることを実感したいのかも。そんな中、この一ヶ月は出来うる限り沢山の興味あることに触れたい時期。お気に召すまま、例えば本を読んだりしてみてください。そして、その中から自分の本棚に持ち帰りたいなと思うものを選ぶこと。世には無数の本がありますが、自分の本棚に大事にしまわれるものは一握りです。それが凝縮されたあなたの大事な世界なのですが、2/27頃には、本棚の本が少しずつ新陳代謝を起こし、その世界がいつの間にか反転しているかもしれません。3/10頃には、そのリニューアル本棚をお披露目すると良いでしょう。それが今のあなたです。3/12頃には、そのあなたが作った世界が意外と役に立つことに気づくでしょう。知恵袋となったり気づきを与えたり、本棚の力は無限大です。 RM(太陽:蠍座 月:獅子座)

▲目次へ戻る

水瓶座

拝啓、水瓶座さん。相変わらず、冴えた毒舌を発揮しているかな?というか最近、ちょっと沈んでない?いつも笑い話をしてごまかすけど、あなたって変なところ真面目だよね。もしかしたら、あなたは18日頃から考えていたんじゃないかな?自分は何をやりたかったのか?自分のやっていることは、本当に人の役に立っているのか?私ね、あなたって人類にとって必要な人だなあって思う時があるんだよ。あなたの物の見方って神様からの授かり物なの!?って思うくらいびっくりする時があるよ。だからあなたは、自分の発想や考えを決してないがしろにしないでね。周りの目を気にしてしまう時もあるかも知れないけど、自分の純粋にしたいことをした方があなたらしいと思います。26日頃からは、もっと心の深いところにある声を聞けるはず。3/12、自分の資質に気づいたあなたは、恐れさえもたずさえて外に向かって行けるよ。私には、そんなあなたの姿が眼に浮かぶよ。敬具 NR(太陽:蠍座 月:双子座)


▲目次へ戻る

魚 座

思いの外寒かった冬が終わり、ニュースや天気予報が「春の訪れ」を伝えています。感性豊かな魚座のアナタは外に出て五感をフル活用しましょう。思い切り深呼吸してみましょう、ホラ沈丁花や紅白の梅の香りがほのかに漂っていますね。香りだけでなく、小鳥のさえずり、うっすらと色づいている桜の枝先やボンヤリ霞む夜空の月や温かな春の日差し、全てが五感に美味しいご馳走になります。感性を磨く事がとても大事な時期です。磨きのかかった美意識やセンスが、良好な対人関係を後押ししてくれます。自信をもって憧れの《アノ人》にアタックしてみましょう、きっと上手くいきますよ。、仕事も手堅くこなしていけます。3月12日の満月の日には、魚座さんらしい感性に知性の力もアップします。何となくとか、上手く説明のつかない感情も、恋人や友人と言葉で共有できるチャンスです。 HM(太陽:双子座 月:獅子座)


▲目次へ戻る

総評

心に深く入り込むアドバイスなど、心理占星術らしいよい原稿がとても目立ちました。また、それぞれの個性が生かされた原稿も出そろい、とても楽しい12サイン占いとなってきたことをうれしく思います。この調子で自分らしい書き方を見つけていけるといいですね。次回はいよいよnicoPLANET 1周年記念。みんなで春分の日を盛り上げていきましょう!

Pocket
LINEで送る