Pocket
LINEで送る

図1

「私、これじゃなきゃだめなの」と決め込んだりしないことが大切ね。
自分で自分なりの心の動きを楽しんだり、
ものごとに興味を持つように自分を創っていく、
変われる可能性があると思うとワクワクするじゃない?

1933年8月9日(82歳)生まれのタレント、女優。獅子座に太陽と水星を持つ。彼女が司会を務める「徹子の部屋」の放送回数は通算10000回。同一の司会者による番組の最多放送回数ギネス世界記録を達成した。
4番目のサイン蟹座で個人は安住の地を見つけた。守られた、心地よい世界。しかし、ここからさらなる成長を目指し、人は新しい冒険へと旅立たなければならない。そうしなければ、人は「私」という狭い世界に閉じ込められたままになってしまうからだ。
5番目のサイン獅子座では、自己を他者の待つ世界へと押し広げていく段階に入る。人のいる世界はいつだって面白い。遊びがある、ロマンがある、お互いの個性がぶつかり合い、刺激もある。もちろん助け合いもある。「人のために灯りを灯せば自分の前も明るくなります」と黒柳徹子は言う。しかし、明るい場所に立ち続けるということは、逃げも隠れもできないということだ。だから、人生を肯定し、前を見て未来を創造し続けていくのだ。そこから生まれる力が、多くの人たちに笑顔や希望を与えることになる。火エレメント、不動サインの黒柳徹子の獅子座は、こうしてかまどの火を燃やし続けながら、10000回目の番組を迎えることになった。

この記事を書いたひと

nico
占星術研究家。心理占星術のための実験室『ニコラボ』主宰。
2006年より占星術の研究を開始。天文学的アプローチをベースに、アドラー心理学、ナラティブセラピー等の理論をホロスコープ理解の中心に置く。
「時代を知り、人を知り、私を知る」という視点での心理占星術講座、ワークショップを全国で開催。天体を生きた時代の象徴として捉え、時代の流れに沿った新しい象徴理解を深めようと日々研究中。また、占星術カードゲームや心理占星術WEBマガジン・nicopla.netなど、学問の枠にとどまらない幅広い活動で心理占星術の普及を目指す。
公式HP: nicosmic life
公式ブログ: nicosmic life — 心理占星術と未完成な日々
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
占星術研究家。心理占星術のための実験室『ニコラボ』主宰。 2006年より占星術の研究を開始。天文学的アプローチをベースに、アドラー心理学、ナラティブセラピー等の理論をホロスコープ理解の中心に置く。 「時代を知り、人を知り、私を知る」という視点での心理占星術講座、ワークショップを全国で開催。天体を生きた時代の象徴として捉え、時代の流れに沿った新しい象徴理解を深めようと日々研究中。また、占星術カードゲームや心理占星術WEBマガジン・nicopla.netなど、学問の枠にとどまらない幅広い活動で心理占星術の普及を目指す。 公式HP: nicosmic life 公式ブログ: nicosmic life — 心理占星術と未完成な日々