今月のArt モネの作品に見る、蠍座が求める自己変容と、奥底から湧き出る限りのない創造性

モネの作品に見る、蠍座が求める自己変容と、奥底から湧き出る限りのない創造性

天秤座では知性によって世界を俯瞰し、その中で自分の価値観を発信していくことによって多様な人々と調和的な関係を育むことを学びました。 相互関係の最終段階で水のエレメントの蠍座では、意見交換という風の軽やかさを超えて、他者と …

Read Article Read More

今月のArt ミレーの作品に見る、天秤座が中心に据える美意識と調和へ投じる知の一石

ミレーの作品に見る、天秤座が中心に据える美意識と調和へ投じる知の一石

天秤座で12サインは後半へと入り、前半部分での個人の成長から、今度は社会性を育むことにテーマが移ります。 言わば、個人のために個人があったところから、社会のためにこれまでに培われてきた個性があるというように、主語のスケー …

Read Article Read More

今月のArt 菱田春草の作品に見る、乙女座のたゆまぬ改善と比類なく完成された表現世界

菱田春草の作品に見る、乙女座のたゆまぬ改善と比類なく完成された表現世界

獅子座では、自分の個性を最大限に発揮することによって集団としての利益を最大化するというスタイルで、相互関係の構築を目指しました。 誰もが自分のベストを尽くせば集団としてもうまくいくはずだというのは、理想論としては同意でき …

Read Article Read More

今月のArt ミュシャの作品に見る、獅子座が自ら放つ光と尊厳がもたらす他者への敬意

ミュシャの作品に見る、獅子座が自ら放つ光と尊厳がもたらす他者への敬意

蟹座までで個人の火地風水の体験は一巡し、獅子座からは相互関係を学ぶ段階に入ります。 関係性を学ぶと言っても、特定の人や集団の感情的な機微を知ることではなく、火のエレメントの固定サインらしく、妥協のない自分の信念や理想を、 …

Read Article Read More

今月のArt シャガールの作品に見る、蟹座が求める所属感と純粋な心象風景

シャガールの作品に見る、蟹座が求める所属感と純粋な心象風景

双子座では多くの未知のものと出会うことで、主観から客観へと視野を広げ、多様な環境の中でも埋もれない新しい自己像を探求しました。 個人サインの最終段階、水のエレメントの蟹座では、探求した自己像の何を受け入れられると所属や連 …

Read Article Read More

今月のArt ルオーとゴーギャンの作品に見る、双子座の終わりなき自己探究と映し出すものごとの真実 

ルオーとゴーギャンの作品に見る、双子座の終わりなき自己探究と映し出すものごとの真実 

牡牛座では五感や自らの資質に気づき、「自分のこの長所をもってすれば、ここでは十分にやっていける」という安全領域を築くことが目標でした。 このプロセスで、自分が内的世界に何を持っているのかという理解は、十分に進みました。 …

Read Article Read More

今月のArt ダリの作品に見る、牡牛座が確立する揺るぎない自己肯定感と、唯一無二の表現世界

ダリの作品に見る、牡牛座が確立する揺るぎない自己肯定感と、唯一無二の表現世界

牡羊座では、右も左もわからない世界で生き延びることから12サインの旅をスタートしました。 生死の境目をすぐそばに感じながらのサバイバル経験を通り抜け、牡牛座に至るころには、何が危険で何が安全なのかを判断できる五感が備わっ …

Read Article Read More

今月のArt ゴッホと草間彌生の作品に見る、牡羊座が持つ生への希求と、衝動が切り開く新しい世界

ゴッホと草間彌生の作品に見る、牡羊座が持つ生への希求と、衝動が切り開く新しい世界

想像してみてください。   もし、何の音も聞こえず空気の流れもない、漆黒の闇の世界に突然放り出されてしまったとしたら、あなたはどうするでしょうか?   この暗闇の世界はどのくらい広いのか、どこに向かえ …

Read Article Read More

今月のArt ルノワールと岡本太郎の作品に見る、魚座が創造する癒しと美しき世界への願い

ルノワールと岡本太郎の作品に見る、魚座が創造する癒しと美しき世界への願い

みずがめ座では、ものごとの本質を見出し、それを明らかにすることでヒューマニティーの向上を目指しました。 それは風のエレメントの最後のサインらしく、論理的で大局的な取り組みでした。 ただ、見出した本質がどんなに普遍的で有用 …

Read Article Read More

今月のArt マネの絵画に見る、水瓶座が知り語るものごとの本質と、それゆえの称賛と非難

マネの絵画に見る、水瓶座が知り語るものごとの本質と、それゆえの称賛と非難

山羊座では、社会という枠組みの中で自らの最高到達点を目指しました。 しかしその到達点は、あくまである特定の社会の中でのことであって、別の時代や場所から見れば取るに足らないものであったり、アンフェアなものでさえあったりしま …

Read Article Read More