人間関係のギフトに気づける心理占星術

nico先生の心理占星術の素晴らしさは、初心者でも学び始めてから直ぐに毎日の生活に活かせる事です。心が柔軟になり、感性が変わるからです。

 

具体例を。
私は毎日仕事を共にする上司、同僚全員の生年月日をヒアリングし、太陽月星座をインプットしました。私以外は男性なので聞き易く、また月星座は限られた情報からも大体見当がつきました。

意識的に観察していると、サインの特徴的な発言や在り方がその人その人に与えられた大切なギフトを体現しているように感じられて神聖な気持ちになりました。

 

月乙女座の営業担当者は「本当はアナリスト(分析者)になりたかったんだ…」とこっそり教えてくれました。

太陽天秤座の営業担当者は、人当たりの良さとセレブな雰囲気の流行情報を巧みに駆使し、顧客へ情報提供し続け、高い業績を積み重ねています。

太陽双子座のお二人は、明るく軽やかな会話を側で聴いているだけで淀んだ空気が一掃され、思わずぷっと吹き出したりして楽しい気持ちになります。

太陽蟹座の営業担当者は、毎日毎日弱音を吐いているのですが、その飾らないキャラの正直で無防備な感情の吐露に共感でき、こちらの心も癒されます。

太陽月星座がスクエアの同僚のいつも曇ったような表情が気になったのでスクエアの話を簡単にしましたら、興味を持ってくれたので占星術の入門書を貸しました。

太陽月共に火のエレメントの上司は、波乱万丈、独立独歩の生き様。組織の保守的で形式的なルールを超越して果敢にチャレンジし続ける姿勢が際立っています。時にサインに対応する身体の部位に致命的なダメージを与えてしまうほど。

 

この上司と同じサインの組合せでは無いものの、太陽月共に火のエレメントの私は、彼のありのままの姿を通じてライトシャドーとダークシャドーの両方を認識でき、統合のワークから自己成長に繋げるチャンスを頂きました。

 

総じて職場環境は、色々なことがスムーズで爽快感があるなぁと感じていました。検証してみたら、大多数の構成員の太陽月星座の組合せでざっくり火のグランドトラインにカイトのフォーメーションが出来上がっていました。

 

nico先生の講義では、人生をかけて太陽を輝かせることの大切さを分かりやすく学びます。
太陽を美しく輝かせるには、山や海といった背景が必要だし、風で火を揺らすことで、火の存在がより美しく見えるし、だから多様な人と一緒に働き、それぞれの個性を認め合うことは素晴らしいと、心理占星術をやっていて改めて思った次第です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事