赤ペン12サイン占い 2021 蠍座

12星座占い 10/23~11/21 -- nicoの赤ペン添削付き

 

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

この世の中に変わらないものなどひとつもない。流れのない水が淀んで濁っていくように、人も変化を受け入れなければ時代遅れの価値観で目が曇っていく。永遠に握りしめていたい何かがあったとしても、それを手放さない限り先へ進めないことなどよくある話だ。牡羊座の勘がいつも以上に冴えわたる蠍座期。“今まで通りでは通用しない気がする”というような感覚を持ったなら、その直感に素直に従ってみるのが得策だ。慣れ親しんだ環境や方法から離れて、今までとは少し違う角度から物事を見てみるといい。これまで培ってきたものを切り捨てるというわけではなく、既に持ち合わせているものに新たな視点を組み込んでいくという意識だ。変化していく過程で痛みや苦しみを味わうことがあるかもしれない。だが、勇気を出して挑戦してみる価値はある。大切なのは、自分の可能性は無限大だと思い出すこと。制限をかけているのは、ほかの誰でもない自分自身なのだから。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

牡牛座

やっと秋らしくなりました。今年は10月半ばまで暑さが続く不思議な気候でしたね。この数年大雨も多くなって、日本の気候も変わっていくように感じます。熱帯気候になることはないでしょうが、今までに無かった状況への適応も必要になってきそうです。

そういえばウシと言えば牛乳。牛乳はおうしではなく牝牛じゃないのか、というご意見もあることは覚悟して話を進めていきますが、生クリームになったり、バターになることで使い勝手がよくなったり、新しい味になったりします。どうも生クリームを容器に入れてひたすら振るとバターを作ることが可能なようです。バター不足になりがちな昨今知っておくと便利ですね。状態を変化させるにはエネルギーは必要です、でも大変さを超える良いこともあります。変化を好まない人が多いおうし座さんではありますが、より濃厚な状態に変化するのも乙かもなあと考えてもらえたら良いかなと思います。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

 

 

▲目次へ戻る

双子座

ケガをすると傷ができる。そんな傷を覆うようにできるかさぶたは「触らず・はがさず・乾燥させておくように」といわれていた。が、現代では「傷を乾燥させすぎず湿っぽくした状態」で包んであげる湿潤療法が主流となっている。そうすることで痛みが少なく・早く・そして傷跡もキレイに治るから。このケア方法を思うとき、わたしは双子座の皆さんに思いを馳せる。我々は他者に受け入れてもらえなかった経験から、傷を抱えた自分をかさぶたで覆うように隠し守ろうとする。これ以上傷を深くはしたくない。他者がいればそこには越えられない違い=壁、がうまれるのをいつも忘れてしまう。傷を守るばかりの護衛団に徹するよりも、所詮は「違う者同士」と相手を認める。違ってしまう自分も頑なにならず認めてみる。手を取り合い、時に馴れ合い探り合い、違う者同士のコラボが産み出す相乗効果を楽しめばいい。ふと気がつくと、抱えていたあなたの傷や相手の傷も湿っぽさの中で少しずつケアされているかもしれない。

ひかり(太陽:魚座 月:双子座)

▲目次へ戻る

蟹座

昔話の「さるかに合戦」。地域や時代によっていろんなバージョンはあるが大まかなあらすじは、ずる賢い猿に騙され傷つけられた蟹が多様な仲間の力を借りて猿に仕返しをするというもの。今期の蟹座さんはこの話を地でいくような展開もありそうだ。自分の持ち物(おにぎり)を未来の価値(柿の種)と交換することで物語を始めてみよう。万が一にも手塩にかけて育てた成果(柿の実)を理不尽に力づくで取り上げられそうになった時には、無力感に打ちひしがれ泣き寝入りするのではなく、ここからが蟹の真の力の見せ所だと考えてほしい。感情のまま闇雲に一人で戦うのは得策ではない。自分とは異なる特質を持つ仲間(ハチ、栗、牛のふん、臼など)や大衆を味方につけ戦略的に戦うことで道が開けるだろう。大義のためには権力に対しても屈せず挑んでいこうとする勇気、そして困ったときは意固地にならずに自分に足りない部分は周りの適任者にお願いして協力を仰ぐという姿勢が勝利への伴となるはずだ。

TOMOKO(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

獅子座

太陽が蠍座を運行している期間は、獅子座のあなたにとって自分の居場所をいかに家族や家の問題に振り回されず、自分の安心できる居場所にできるか、家族との関わり方を体験することになりそうです。獅子座のあなたは、いつも家族みんなを喜ばせたり楽しませたりしながら、自分らしく楽しめる家庭環境を作ります。しかし、今回の蠍座期では、家族としての価値観の違いや束縛と感じてしまうような事がありそうです。それを依存や過干渉と拒絶するのではなく、相手の心の奥深くに潜んでいる欲求を見極め、あなたにとっても家族にとってもお互いに良い協力関係を築く、工夫や努力をしてみてください。あなたが疲れて帰る場所、あなたの心がやすらぎを得る場所、一番素の自分に戻れる場所、それはあなたの帰る家です。家族関係に適度な距離感を保ち、自分の居場所をつくりましょう。家族という共依存の関係にならないように、あなたができることを考えてみましょう。

和佳(太陽:乙女座 月:魚座) 「占星術&占星術アロマ Astro Aroma Puriri」

▲目次へ戻る

乙女座

先の展開はこんな感じ? → ほら当たり! そんな直感が働く星回り。自分の予測どおりであることに重きを置くなら、いつも似通った手応えを掴んで、ある程度の安定や満足感になる。しかし安定的な思考のために、新鮮で重要な発見を「イレギュラー=排除すべきもの」として脳内処理していないだろうか? 11/5新月からは深い思考力がup。未来について考えるときは未体験の課題でも落ち着き、適切に制御し奮闘する自分の姿をイメージして。スムーズに進む確率を控えめに計算し、細部を分析したうえで正しい回答を選ぶスタイルとは真逆ですが、ノイズが入り混じる外部条件に影響されて過剰なリスクに心を奪われた状態では緊張で収縮する思考回路を開放しよう。11/19満月、内面から熱い想いを引きだしそれを未来の選択や決定に変えていく想像の力を利用できます。追い詰められ、もう諦めそうな心理こそ、もう一段深いところにある本当の欲求をすくい上げるタイミングに。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座) 「ものごとのなかば」

▲目次へ戻る

天秤座

自粛が解除され、リアルに人と会うことができるようになったこの1ヶ月。早くも疲れてはいないだろうか。人は自分を映す鏡と言う。相手があなたを一番よく映し出すものは、あなたが自分に下している自己評価であることが多い。自己価値を自分で感じることは難しく、ましてや寸分狂わず理解するのは至難の業。人と比べることは苦しさを伴うことはあるが、自分を知るために人を介すことには意味があり、自分を知る最速最短コースだろう。そして、また人の力を借りながら自分を磨き価値を上げていく。価値を育む工程は机上の空論だけでは叶わず、それを試してみる体験と遊びが必要だ。あなたの感性を上げるには、結局のところ人との交流を避けることはできないのだ。今月、あなたが前向きな気持ちで人と交流できれば、あなたは自分の価値をより深く知ることができるだろう。それに伴って自己表現の場所を広げることもでき、新しい次のステージを感じられるだろう。

☆Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座)「人生の波乗り上手になるための運気予報」

▲目次へ戻る

蠍座

意志を守るか、相手に迎合するか。実は二者択一ではなくてブレンドもありなんだと知って、遠方からの助言を一考したり、仮留めした策を試しに進めてみたのが今年の蠍座さんの流れじゃないだろうか。そんな蠍座さん、今月からちょっと楽しみな転換が始まる。ギアを入れ替えていくか、あるいは状況に背中を押されていくなんてことも。「私はどんな力で未来を照らしていけるのか?」自分をろ過して特性として残ったもの、そこに可能性を賭けていくときだ。後悔の過去が浮上してきたとしても、あの頃なりに最善を尽くしてきたのだと、今だからこそ見方が変わることもある。そんな心境の変化でこれからの話をしたくなるかもしれない。もし自分を見ていてほしい相手がいるのなら、前へ進むための宣言をするつもりで言葉を交わしてみてほしい。善悪・優劣なんてものはなくただただお互い様だったという理解が生まれたとき、脱皮は終わり新しい在り方を構えているのだ。

みつやま(太陽:射手座 月:蟹座)「星読み探求」

▲目次へ戻る

射手座

夢は叶えるもの? それとも叶わないから夢? そう聞かれたらあなたはなんと答えるだろうか。

「もちろん叶えるものだ!」そう断言できる自分でいたいけど、叶えるまでの道のりを想像するとその途方のなさについ尻込みしてしまうこともあるだろう。まずは深呼吸をして思い浮かんだことを書き出してみよう。日記を付けているなら読み返してみるのもいい。この時期に自分を見つめ直すことで、心を迷わせているものの正体がクリアになるだろう。この作業を10月のうちに済ませておけば、11 月以降はヴィジョンがより明確になってくる。世の中は素晴らしいもので溢れているけど、夢を叶えるのに必要なのはほんの一握りではないだろうか。心に何を残しておきたいか、それが分かれば道は自ずと定まり何をすべきか見えてくる。これがあなたには大切なのだ。なぜなら少しずつでも夢を叶えているという実感を持つことが、あなたの魅力である自信と大胆さを引き出してくれるのだから。    

rocco(太陽:牡羊座 月:双子座)

▲目次へ戻る

山羊座

空高く秋が深まり、木々の葉もきれいに色づく季節。森では生き物たちが冬の準備をしています。これまで、あなたが注力し続けてきた活動の結果は受け取っていますか。厳しい条件の下、試行錯誤を繰り返しながら取り組んできたものが評価され、それに即した立場と実力を得ていることと思います。ここから先は、あなた個人が本当にやりたいと思うことにも力を振り分けてみてはいかがでしょうか。余分なものを脱ぎ捨てて、ご自身が心からやりたいと思う活動をするための場所と仲間を見つけてみてください。あなたの経験とスキルをその仲間たちのために惜しみなく提供していくと、あなた自身も、新しい活力を得られるはずです。どういう人からどういう人になっていきたいか。独自の技術や能力をこれまでとは違う切り口で魅せていけるような取り組みをしていくと、そこから、面白い未来予想図が描けそうです。ぜひ、ニッチなメンバーとの関りを楽しんでみてください。

ふみ(太陽:獅子座 月:山羊座)「ふーみん.com」

▲目次へ戻る

水瓶座

水瓶座の作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンはジョアン・ジルベルトのギターと歌方に惚れ込んでヂ・モライスと共作した曲を提供しリリースする。自分の作った音楽を表現するには彼が必要だったのだ。これがボサノヴァの最初の曲となり、この出会いがなければボサノヴァは生まれなかったとされる。魅力的な人に出会っても各々の個性を大切にし過ぎるとお互い自由に行きましょうと時に不干渉気味になってしまうが、この時期はぜひ相手の領域にグイっと踏み込む事を意識して欲しい。相手の魅力を引き出しつつもそれを自分の力に変えていくという作業は真剣勝負の緊張感を伴うやり取りだ。相手の個性に負けない粘り強さも必要になる。しかし諦めずに向き合い互いの力を引き出し合えれば一人では作り出せなかった新しいスタイルにたどり着ける。そしてボサノヴァ(新しい感覚)が世界に普及し定着した様にいつしかそれが貴方の代名詞となり認知されていくだろう。

ヤエ(太陽:獅子座 月:魚座)

 

▲目次へ戻る

魚 座

未来へと踏み出す時が近づいていることには気づいていた。その歩みを確かなものにするために、しっかりと準備をし力をつけてきたのに、どうしても足踏みをしてしまう。あとは踏み出すだけの人と、踏み出したばかりの人とでは、実力自体は拮抗しているとしても、大きな違いがある。自分が「踏み出せない側」だと悩んでいれば、その「違い」を尚更強く感じるだろう。描いた未来のイメージを確かなものにしようと取り組むことの爽快さをあなたはよく知っている。だからこそ、「未来」が一足飛びに叶わないことがもどかしく、その道のりは恐ろしいものに思える。でも、最初から奇跡をものにすることはできない。小さなステップから始めるしかないのだ。「履いて捨てるほど_ある」と見えた有象無象は、選んで拾い上げた瞬間に、自分だけに与えられた唯一無二のチャンスに変わっていく。自分を信じ、自分の選択を信じれば、未来へと向かうプロセスも輝きを放つだろう。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

 

▲目次へ戻る

nico の総評

今回は、ほとんどの方が蠍座の「他者の価値の利用」「誰かの存在によって変わることができる」みたいな着地が多かったですね。これだけ皆さんから同じテーマが繰り返されているということは、今、まさにそういった流れが来ているということなのでしょう。私もみなさんのテキストにしたがって、とにかくTOMOKOさんの猿蟹合戦のように、おにぎりを柿の種にすることから始めてみようかな。皆さんは、どんな蠍座期をイメージしていますか。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう