赤ペン12サイン占い2019 獅子座

赤ペン12サイン占い2019 獅子座

Pocket
LINEで送る

12星座占い 7/23~8/22 — nicoの赤ペン添削付き

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

大海原にさざ波が美しく輝いて見える季節。今年ほど「冒険」という言葉がぴったりくる夏はないでしょう。大海めざして漕ぎ出す時がきている。今のあなたは気分で進むのではなく、なにか目的が見えているはず。自分のためであれ誰かのためであれルートは違っても、歩みそのものがあなたの糧となる。マニュアルなんていらない、話のネタになる。そんなふうに笑いとばしていけたらこの夏の体験はあなたにとって大成功。8月に入ると、もっとこうしようというアイデアがわいたり、力をぬいて楽しめるようになるだろう。ひとつひとつの経験を通じて思わぬ才能を発見! なんていうオマケもついてきそう。この体験を心にとめて過ごせばあなたの日常はもっと深く味わいのあるものになるだろう。

まさこ(太陽:獅子座 月:蟹座)


▲目次へ戻る

 

牡牛座

地に足の着いた現実感覚、地道な積み重ね、確かな結果を計るモノサシ、安定型の発想。

この時期はこれら牡牛座らしさを一旦停止して。8/1新月、何を見聞きしてもイライラする反応なら行き詰っているサイン。エネルギーを温存したい、できれば何もしたくない状態になりそう。あまりにも慎重で倹約志向の将来計画があなたの豊かさや感性を徐々にしぼませることに気づいて。8/8上弦の月、犠牲にしてきた内なる情熱を復活する準備として、未来の幸福を作り出す許可を自分に与えましょう。澄んだ気持ちになる空間でよいアイデアが出そう。8/15満月、喜びとなる目標を遠くに置くこと。受動的な空想夢想はリアルな結果に発展しません。未来の計画を本気で考える冒険にはエネルギーが必要。元気がわくドラマ、開放感のあるイベントが吉。8/18以降は計画のタネ播き時期、何を望むかがクリアに。自然とやる気が出た事から迷わず着手していけばリアルな引き寄せ行動です。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座)「ものごとのなかば

 

 
▲目次へ戻る

双子座

自分の殻を破り、新しい自分を創造するとき。自分の殻というのは、自分が無意識にそうだと思い込んでいる、先入観や常識、解釈、偏見、決め付け、恐れや心配のこと。自分が自分自身で思い込んでいる「自分の価値」というものを捨てさって、自分の真の姿をはっきりさせ、ますます自分自身になりきる。それがまた、じつは、己の限界をのり越えて、より高く、より大きく自分を生かし、前進させてゆくことになる。情熱を持って自己表現する。己を創造する。今の状況を活かして、より良い方向へ変化させる。外から見られている現実のイメージと自己イメージとのギャップを埋める為にまず、メイクやファッション、ダイエットなどで、外見のイメージチェンジを試してみよう。また、考え方や好みの違う人との違いを尊重し、違って当然と考える。同じよりも、「違う方が楽しい」って自然に思えれば、きっと新しい出会いやビジネスのチャンスも生まれ、まだ見ぬ自分に出会えるはず。

月影ひびき(太陽:牡羊座 月:天秤座)「NEVER MIND ⌒★ 星のせいじゃない!

 

▲目次へ戻る

 

蟹座

今年は梅雨が長い。短い日照時間と例年を超える雨量は、じっとりと、心と体を重くする。水は人体に多大な影響をもたらすのだ。人は水の中から生まれてくる。水の記憶を持つ生き物だ。特に蟹座は水の記憶と繋がりやすいサインだ。獅子座に太陽がイングレスしたとはいえ、もう少し蟹座期の体験を引きづるかもしれない。他人からはどう見られようとも、自分にとっては美しく、ピュアで繊細なものを無防備にさらしたくはないのだ。だが、時は容赦なく太陽の季節を迎える。ギラギラとした日差しのもとに出て行かなくてはならない。いっそ、他人から無理やり押し出されるのではなく、自分から自分の良いと信じるものを押し出していってみてはどうだろうか。月をまたぎ8/ 11頃を目安に、今まで温めてきたものをお披露目する方向に動くことをお勧めしたい。蟹座の深い記憶と体験に裏付けされた表現こそ、人々の共感を呼びさます獅子座期に相応しい宝玉ではないか。

アリウム(太陽:蠍座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

 

獅子座

獅子座の時期に、映画『ライオン・キング』実写フルCGリメイク版が公開になる。動物の王国「プライド・ランド」の次期王となるシンバの挫折と成長のストーリーだ。シンバの父で「プライド・ランド」の王ムファサは、シンバに自然界を支配するバランス「サークル・オブ・ライフ」教える。シンバはプライドから王との約束を破り生命の危険にさらされるが、危機一髪で王に助けられる。しかし王は代わりに命を落とし、シンバは王国を追放され、行き倒れになりそうなところを仲間たちに助けられる。現在の天空でも、民衆と社会のルールのバランスを取るための天体配置がずっと出来ている。7月中は、幼いシンバのように自己誇示したい衝動に駆られるが、もしピンチになっても思わぬところから救いの手が差し伸べられる。トライ・アンド・エラーをしながら成長してゆく獅子座の時期、プライドとは違う視点を持つと、失望から脱出するヒントが得られるかもしれない。

あきな(太陽:蠍座 月:乙女座)

▲目次へ戻る

 

乙女座

小説の主人公とそれを読んでいる私達では見えている世界が違います。「いつも通りにしているだけなのにダメ出しされるし、頑張ってるのに認められない。自分には味方なんていないんだ…」と思っている主人公にも本当はちゃんと味方がいるのですが、そのことに気付いているのは読み手だけ。これは、こちら側の世界でもよくあることで、いざ自分が主人公になると周りが見えなくなっちゃうんですよね。さて、この時期は小説で言えば物語終盤。

「自分にはこれがあった!」「仲間がいた!」「家族は温かった!」とようやく気づくところ。久しぶりに友人と会ったり、夏休みにのんびりと家で過ごしたりする中で気分もリフレッシュ。今まで見えていなかったことが見えてきて『なんだか、うまくいかない』と感じていたことなんてお盆を過ぎる頃にはすっかり忘れていそう。8/15の満月頃には、これからやりたいこと、やらなきゃいけないことが明確に。いよいよ新しい章の始まりです!

鈴木ワカナ(太陽:天秤座 月:水瓶座)

▲目次へ戻る

 

天秤座

人目が気になることが悩みの種になってはいませんか? もしも「関係性のなかでは役割に徹する必要がある」「努力すればするほど自分の内面とはかけ離れていくのは仕方ない」とまで思い込んでいるのなら、赤信号。あなたが日々研鑚を積んでいるのは、身につけている「仮面」を魅力的なものにするため? この時期のテーマは、張りぼてではない自己像を描き直すこと。8/12頃までは特に、飾らない自分を取り戻すための挑戦の時です。最初の試練は、一度立ち止まって、いま進んでいる方向に自分は心から納得できているのかを見つめ直すこと。腑に落ちないまま「素敵な未来」「素敵な自分」を志向していたとすれば、あなたの努力は「他者のために素敵な自分でいよう」という意識によるものだったということ。自分の素顔と向かい合うことは時に「自分を偽る努力をしてるほうがまし」と思えるほど恐ろしいでしょう。それでも、あなたの未来をあなたの手に、取り戻して。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

 

▲目次へ戻る

 

蠍座

このところ、この先手にしたい希望について思いを巡らせ、高みを目指し意識が広がっていたのではないかと思われる蠍座の人たちですが、ここからは「社会的責任を果たす」ということに意欲と義務を感じることになるでしょう。この時期は、例えばですが突然表舞台に出ざるを得ない状況になって焦る、というようなことがあるかもしれません。結果今の自分では実力不足、このままではまずいと痛感し、人知れず物事のやり方や自己表現するための方法を磨き、グレードアップさせる努力をすることになりそうです。その成果が実感できるのは8/12以降ですが、日頃から真に頑張ってきたのなら実力はついているはず。遠慮しないで自分の考えや権利を表に出しても大丈夫です。自分だけでなく周りの人たちにも夢と遊び心を与えられるようなことなら、縁やラッキーも重なってうまくいくでしょう。その後、9月へと実りの季節を迎え、確実に何かを手に入れることになっていきます。

yulan(太陽:蠍座 月:乙女座)

 

▲目次へ戻る

 

射手座

勝負に打って出ようと、やる気満々! ただ、お盆前までは、行先が見えにくく、いざ現実的な行動に出ようとすると、不安も感じやすそう。また、思い通りにならない現実にがっかり。自分の世界にこもりたくなることも。直感に忠実に行動した結果、壁にぶち当たったのなら、一旦、堂々と、自分の世界にこもってOK。そのまま外に出るのを断念しては成長に繋がりませんが、息長く走り続けるには、立ち止まる時間も大切。先月に続き、人からの要望や社会からの重圧を通じて、正直な自分の気持ちや能力を実感することが重要な時期。自分の気持ちに嘘はなかったか、無理がなかったか。自分の世界に浸って、等身大の自分を見つめ直して。走っては休み、自信を回復したら、再び走る。自分なりの心地良いペースを把握すること。お盆時期を過ぎると、視界もクリアになり、明るいビジョンが見えてきます。今は、8月後半から全力疾走するためのウォーミングアップ時期と心得て。

えりか(太陽:牡羊座 月:水瓶座)

 

▲目次へ戻る

 

山羊座

物事はプロセスも大切だと言いながら、腹の底ではやはり結果がすべてだと思ってはいないだろうか。結果だけにこだわると失敗が恐怖になり、現状維持を決め込む今ができあがる。結果を出せない自分には価値がないと、過去のどこかで思い込んでしまったのかもしれない。だが、ときには開き直りも必要だ。失敗しない人などひとりもいないのだから。この時期、たとえ怖くても現実を見据え、少しずつでも前に進もうと勇気を振り絞った山羊座には追い風が吹くというご褒美が待っている。恐怖心だけでなく、不安や劣等感、トラウマのようなマイナスの感情をパワーに変えるチャンスなのだ。なにかを恐れて囚われているのは目の前のことから逃げるための言い訳だと、ほんとはあなたも気づいているはず。漠然とした理想の中に留まり、自分を守っているだけでは成長できない。「あのネガティブな経験があったからこそ今がある」と、誇らしげに宣言する勇姿を見せてほしい。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

 

▲目次へ戻る

 

水瓶座

太陽が、我、ここに在り! と熱く語りかけるこの季節。人との交流も盛り上がりやすい。後腐れのない様々な情報交換ができるので、楽しく過ごせることは間違いないのだけれど、クールで理論派のあなたは、時々ギョッとする問いに出会うこともあり、刺激的な時期となる。特に前半は、内省を促すような流れがあり、起こった出来事と向き合うことで、気付きが増えるとき。そしてそれは、人との関係性の中で垣間見られる。そんな中、あなたは「今、ここに在る」というピュアでエネルギッシュな熱を目の当たりにした時、何と答えるだろう。この感覚は、みんなのために力を出せるあなただからこそ、知っておかなければいけないこと。あなたの世界を広めていくとき、方法や手段は大切ではあるけど、一番大切なのはあなたの在り方。体よく振る舞うことよりも、今を全力で生ききるというエネルギーに触れ、全身全霊をかけて、あなたを発揮できる季節でありますように。

Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座)「人生の波乗り上手になるための運気予報」

 

▲目次へ戻る

 

魚 座

この夏は、新しいステージに立つ前のスキルアップをしていく時。改善のヒントは、過去の体験に。6月頃に一度やってみたものの、期待していた反応と違って落ち込んだり不安になるなど、ストレスを感じることはなかっただろうか? でもその経験で、余計なものはそぎ落とされ、こだわりたい部分に気づいたり、自分の限界も自覚できたはず。ハッキリ見えてきた個性と、大事にしたいと認識した技術やスキルの上達に力を注いでいこう。その成果を実感できるのは、7/ 25、8/7頃。自分の実力に見合った役割や仕事がやってくる。新しいことよりも今すでに手にしているものを利用し、しっかり主張できるよう整えておこう。また今の取り組みをこの秋、大々的にオープンにできるチャンスが訪れるから、自信を持ってステージに立てるよう、真夏の太陽のようにまぶしいくらいのスキルに磨き上げていこう☆

ともりん(太陽:魚座 月:魚座)「占星術アロマテラピー★spirit Wings★札幌」

 


▲目次へ戻る

 

総評

今回のテキストは水星逆行などもあり、ちょっと考えすぎちゃったのかな、いろいろな人の発信する情報に惑わされて、混乱してしまったのかな、そんなことを感じてしまうものもありました。文章は「個性」です。うまい下手ではなく、自分の言うべきことがしっかり伝われば、それこそが「個性」となります。それこそ、この1か月、自分自身と向き合って、シンプルに言葉を伝える練習をしてみてもらえたらと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください