赤ペン12サイン占い2020 牡羊座

12星座占い 3/20~4/18 -- nicoの赤ペン添削付き

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

 

牡羊座

2020年が本格的に始まり、あなたのお誕生日月も始まりました。いつもならわーい! と思う時かもしれないが、世界的に先行きが見えない空気。そんなの関係ない! とエンジン全開でいてくれたらとても嬉しい。直感力とサバイバル力のあるあなたなら、今、どうすればいいか?問われていると感じているのではないか。あなたの魅力は個性的な発想とピュアな情熱で行動できるところ。回りは驚くこともあるかもしれないが、勇気と情熱に火を点ける切っ掛けになり、明るく照らす力になる事もある。でも今は、自分の中から湧き上がる衝動や熱を感じても上手く動けないかもしれない。具体的な行動が見えてこない時は、楽しい気持ちで情報収集し、コミュニケーションを取ろう。これまで良いと思っていたことが覆されるような情報やヒントを得られる。自分の中で蟠っていることの解決の糸口や自分の在り方、あなたの夢や理想の見直しができ、人生の再構築を始められるだろう。

Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座) 「人生の波乗り上手になるための運気予報」

▲目次へ戻る

 

牡牛座

2020年の春はなんだか大変です。新型コロナウィルスの感染拡大は、パンデミックと呼べるものになっちゃいましたね。昨年には想像もできなかったようなことが起きて、世界にどんな影響を及ぼしていくのか誰もわからない。静かに何かが変わっているような気配だけが漂います。変化する世界に適応するためにも、自分も変わっていかないとなあ、と感じているおうし座さんもいるのではないでしょうか。必ずしもガラッと変化させていく必要は無いのですが、自分のなかで納得のいく未来を思い描けるのは大事かなと思います。おうし座さんだからというわけでも無く、誰かの真似や、こうしなさいと言われたことは、響かないですし、長続きはしませんよね。この一ヶ月間は、違った面から物事を見ることができ、感覚に響くものに出会えそう。多くの物や出来事、人、言葉、価値観などに触れ、どう自分に肉付けしていくかを模索してみてはいかがでしょうか。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

▲目次へ戻る

 

双子座

社会は新しいステージへシフトチェンジしていく最中にあり、大きく揺れています。それを肌身で感じながら、私たちひとりひとりもまた変容のときを迎えています。これまであなたは、持ち前の能力を組織やチーム、目の前の誰かのために惜しみなく提供してきました。今後もあなたへのニーズはさらに高まっていきます。ここであなたに問いかけたいのは、その関わりの中に、あなたの好奇心を満たす新しい体験があるかどうかです。もしそうでないのなら、そこにいる人たちとの交流を楽しんでみてください。ただし、無理に合わせる必要はありません。あなたの中にあるモヤモヤをそのままシンプルに伝えてみる。案外、あなたと同じ思いをみんなも感じているかも知れないし、言葉を交わすきっかけになることもあります。相手のチカラもうまく利用しながら、少し先のこれからに進んでいくイメージを持つと、あなたの翼をのびやかに広げていけそうです。

ふみ(太陽:獅子座 月:山羊座)

▲目次へ戻る

 

蟹座

せっかくの春なのに門出を祝う空気感ゼロですね。一番有効な方法を選び、平穏と自由にいち早く戻りたい。共通の思いのもと、世界各国が様々な基本方針を打ち出しています。判断レベルを超えた問題では「取り返しのつかない失敗」のような極端な不安を想像しやすいもの。未体験のプレッシャーに直面するとき、「この世界の片隅に」が描くような日常への愛情に立ち返ろう。制限を受けた状況でも心安めを作り出す小さな気配りが蟹座的小世界のミッション。見えない敵が及ぼす影響は全人体に同じ脅威とはならない事が分かってきました。強さも弱さも違うけど、時間をかけてきた何かが崩れそうな危機に揺れない心はありません。大切に守りたいものは何か。誰かじゃなく、自分にとっての最悪の場合に備える行動指針が立てられそう。不安想像ではなく希望創造を示す星配置、この先のあらゆる選択場面に共通する隠れた緊張感に打ち勝つお守りを手に入れてください。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座)「ものごとのなかば

▲目次へ戻る

 

獅子座

湧き上がる希望の未来はどんなものだろう。ビジョンはきっとまだ、もやに紛れている。去年とはまったく違った景色を前にして、まごついてもいるだろう。ここからは、いままで取り組み体感してきたことの意味を、理解していく段階。現状に対峙できるコンディションの用意は、既にあなたのなかにある。目覚めの時は、3月の終わりから4月の始め。時機を逃さないで。まずは胸に抱くぼんやりとしたイメージへと光が差し込むのを感じてみよう。霧深い朝が連れてくる澄みわたる青空のように、涙に滲んできらめきを増すまばゆい夜景のように、あなたの描く夢は輝く宝物だ。いまこそ名乗りを上げよう。「自分は何をしてきた何者か」に留まらず、「自分は何をする何者になろうとしているのか」を、知らしめよう。過去の栄光はあなたに玉座を与えるかもしれない。でも、そこにしがみつかないで。エゴを手放し「未来を志す若輩者」として邁進する、あなたの勇姿が見たい。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

▲目次へ戻る

 

乙女座

このご時世、頼れる人や安定した仕事があれば安心でしょうね。しかし絶対なんてものはなく、こんな時は誰かがなんとかしてくれる、ここでこうしていれば大丈夫という思い込みは手放し『他人任せにしない生き方』へとシフトしていった方が気持ちは安定するもの。この春からは本当に自分らしく生きる為に、暮らし、働き方、誰かとの関係性等ライフスタイルを身の丈に合ったものへと変えていくタイミングに入ります。このところ思うようにいってないことがあるなら、それは『誰か』や『ウイルス』のせいではなく、やめるべきなのに惰性で続けてきたことや、やらなければいけないのに先送りしてきたことにきまりをつけ、未来を作り変えていくターニングポイントだという合図。人生はなかなか予想通りにはいかないけれど、やってみなければどうなるかはわかりません。だからこそ、今のような時が起死回生のチャンスだということも。焦らず自分にしっくりくる選択をしていきましょう。

鈴木ワカナ(太陽:天秤座 月:水瓶座)note: 占星家・星を読む子育てコーチ


▲目次へ戻る

 

天秤座

新生活に心躍る春。取り巻く環境を変えたい、自分の在り方を見直したい。そんな変化の予兆は、2019年春から芽生えていたはず。今年の春も引き続き、自分らしさの追求が重要です。でも、先月からのコロナウィルス騒動もあり、イマイチ派手なこともしづらいムード…。周りの反応を考えると恐くなって、自分の世界に閉じこもったり。

そんなアンバランスさも生じがち。今は、ちぐはぐな自分も予め想定した上で、揺れを恐れず、前進し続けることが大切です。そして、右向け右のムードでも、自分は左が良いと思うならば、敢えて左を向いてみる。そのユニークさを面白がってくれる人がきっと現れます。相手の感性を通じて、自分独自の輝きを発掘できるでしょう。だからこそ、相手を自分色に染めるのではなく、相手の色を尊重することも忘れずに。いま掴んだ個性の原石は、来月以降、本格的に磨きをかけて。

えりか(太陽:牡羊座 月:水瓶座)

 

▲目次へ戻る

 

蠍座

もし人生という旅路を歩んでいくとき、大きな支えとなるような人に守られ、安心できる居場所があれば安心だろう。しかしそれは時としてその人の本能ともいうべき力を奪ってしまうこともあるかもしれない。春分というはじまりの時をむかえる。この一ヶ月は、自分自身の目線で切り開く新鮮な毎日をめざそう。先がみえないような不安なときは誰もが役立つ情報を求める。こんなときこそ、あなたの洞察力や探求心からでたアイデアが役にたつだろう。重苦しい現実は、あなたの底力を引き出してくれる。守りたいものがある状況は「こんなにもできる自分」を発見するチャンスでもある。そして周りの人にも考えやアイデアを伝える努力をしてみよう。そして反応は素直に受けとめることで、あなた自身の魅力や才能をもっと目覚めさせてくれる。与える喜びと受けとる幸せに気づくこともあるかもしれない。

まさこ(太陽:獅子座 月:蟹座)

 

▲目次へ戻る

 

射手座

毎年、春のこの季節はあなたの強みを堂々と見せていく時。特に今年は、約2年じっくり育んできた能力やこだわりを披露していこう、そしてまわりの反応を楽しもう。もちろん、これはイケル! と思っていたことが受け入れてもらえないこともあるけど、もっと幅広い活動に繋げていけるから、冷静な視点で調整や工夫もしていこう。3/20~4/5、改善が必要な事もある。でも、自分のできる範囲ややり方の根本的な部分は見失う事のないように。4/14・15、自信を持って自分の強みを前面に出して。どれだけのことができるのか、しっかり実感してみよう。そして未知に対して挑戦できるあなただから、今してほしいこと。ニガテ克服やチャレンジすることで得た才能や知識で、まわりに役立つことや日々の暮らしを豊かにできた経験があるなら、言葉にしてほしい。まだ先が見えないムードの今、困難を乗り越えて成長できた体験談は、みんなに勇気を与えてくれる。そんなことも表現してほしい。語る事でまわりを元気にしていこう☆

ともりん(太陽:魚座 月:魚座)※ブログ名が変更になりました!「星座とカードと植物とホントのきもち★Spirit wings★札幌」

▲目次へ戻る

 

山羊座

季節は春を迎え、少しづつ、生命が芽吹き始めています。この時期の山羊座さんは、「自分を信じる」事を目標にしていきましょう! 今、世の中が騒がしく、何をどう信じれば良いのかが分からなくなってしまっていると思います。これからどうしたら良いのかと不安や恐怖がのしかかり、周りに振り回されて、自分を見失ってしまうかもしれません。ですが、そんな時こそ山羊座さん本来の力を発輝して、余計なものを入れず、自分が良しと思った実感を大切に、そしてマイペースで過ごしていきましょう! そうする事で、しっかりと現実が見え、じゃあこれからどうするのかという事が分かってくると思います。そして、今の現状で自分ができる事はなにか?を考え、やってみる! やってみる事で、「あら? 私苦手だった事が普通に出来たかも?」とか「やってみたら、すごい得意だったかも?」など、自分の中に隠れていた才能や、やってみたかった事が見つかるかもしれませんよ!

Riko(太陽:双子座 月:牡羊座)

▲目次へ戻る

 

水瓶座

人類の進化の過程には予測不能なことが起こるんだなという事を、目の当たりに体験しているのが「今」なのかもしれない。それにしても、47年前のオイルショック時、トイレットペーパー買い占めと同じ現象が起きるなど、人のとる行動にはたいして変化がないことも現実なのだ。唯一、通信機器の普及により、デマの拡散も甚だしいが、世界中の情報を知ることができ、常に誰かと繋がっていられる安心感も得られているというのが「今」なのだ。進化の過程をじっくりと観察し、各々が生き抜く知恵を身に着ける時なのだと思う。3/22、土星が水瓶座に入ると、人々の心に、自分以外の人の助けになりたいという意識が高まってくるかもしれない。ただ、人の為にエネルギーを使い過ぎて、自分が空っぽにならないにように気をつけよう。こんな時だからこそバランスをとることが大切。真っ暗な嵐の海を漂う船が無事に港にたどり着けるように、希望の燈火を灯し続けていてほしい。

アリウム(太陽:蠍座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

 

魚 座

春の訪れが待ち遠しい牡羊座期は、何か新しいものを求めるのに最適な時期だが、魚座に至っては未知のものではなく、既に持ち合わせている可能性を探ることに時間を費やしてほしい。ときに人は、当たり前にできてしまうというだけで、それを才能と気づかず素通りしてしまうことがある。ほかの誰かから見れば羨ましいぐらいの魅力なのにも関わらず。よく確かめもせずに、自分にはなんの取り柄もない、あの人みたいにはなれないなどと決めつけてしまうのはあまりに早計だ。なにより、誰かと比べることに意味はない。自分の価値は自分で創造するものなのだから。「こんなことできたからってなんになる?」と思ってしまうようなちっぽけなことでも、それを必要としている人が必ずどこかにいるはずだ。目の前の小さな可能性を大切に育てていくことで、今はまだ見ぬ才能が花開くこともある。謙虚さは捨て去り、自分の歴史が築き上げてきた魅力の探求をしてみてほしい。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

 

▲目次へ戻る

 

総評

このような時期に、みなさん素晴らしい提案をしてくれました。どう天体を利用していくか、その視点は心理占星術ならではですね。

コメントにも書きましたが、このようなときに天体配置を読むことの意味って何なのでしょうか。不安を取り除くことなのでしょうか。元気づけることなのでしょうか。

いずれにしても、天空に配置されているテーマは成長のための必然ととらえたうえで、その配置をそれぞれのサインはどのように感じているのかを理解し、そして前向きな提案にしていくこと。そのためには、たとえば、土星の山羊座から水瓶座への流れ、木星の射手座から山羊座への流れ、そういった「どこから来てどこへ向かうのか」を意識することも大事なのかなと思いました。山羊座に強調された配置も、どこからか来て、そしてやがてどこかへ向かっていく。日々の細かな提案とともに、背景にそういった流れを意識しておくと、また違った成長のプロセスが見えるのかなと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事