赤ペン12サイン占い 2021 蟹座

12星座占い 6/21~7/21 -- nicoの赤ペン添削付き

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

「楽しいことをしよう。好きなことをしよう」仕事や日常で、世間で言われている言葉。しかし、あなたにとって楽しいとは、何かに突き動かされる思いだったり、胸が締め付けられる体験ではないだろうか。どんなことでも、やってみなければわからない。好きか嫌いかなんて後から自分を納得させる言葉でしかない。そんなあなたも、ここ最近、未来に道筋を与えるような夢を見つけたかもしれない。夢をさぐりあてるような学びや、人との交流もあっただろう。夏至からは、その中から琴線に触れるものを手もとに集めていく。そんな一カ月にしてみない? 終わりなき旅にもオアシスとなる場所は必要。自分へと安心できる居場所を与えてあげよう。心うるおし満たしてくれる体験を成長の証として記憶に残しておこう。拠り所があるから、再び挑むことができる。行きつ戻りつ直感を信じ加速していく。暑い夏をそんなふうに過ごしてみてはどうだろうか。水をたくさん吸い上げた土壌からはやがて大きな大木が育っていく。そんな大胆なイメージを持つのもいいだろう。

まさこ(太陽:獅子座 月:蟹座)

▲目次へ戻る

牡牛座

動いてリスクを冒すより、無難にやり過ごそうとしばらく様子見に徹していた牡牛座さんも多いと思いますが、今期は半ば諦めかけていた夢や目標にもう一度本気で取り組む機会が戻ってきそうです。このチャンスを逃さないために積極的に行動を起こしていきたい一ヶ月です。これまで大切に守り育んできた想いを言葉を尽くして相手に伝える努力をしてみましょう。子供の頃には当たり前のように感じていた「不思議だと思うことに対して好奇心を持ちワクワクする感性(センス・オブ・ワンダー)」を呼び覚ますことが、既成概念や固定観念にとらわれず現状を打開するための糸口となるでしょう。自分の感覚を信じて違和感を感じるものに対してははっきりとNOという強さを見せていく必要もあるでしょう。評価や結果が得られたと実感できるまでもうしばらく時間はかかりそうですが、ここで逃げ出さずにきちんと向き合っておくと必ず後で満足のいく評価や結果が得られます。

TOMOKO(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

双子座

「私は仕事で疲れたという記憶はまったくない。しかし、何もしないでいると、くたくたに疲れきってしまう。」

コナン・ドイルのこの言葉に心当たりはないだろうか。このご時世、せっかく計画を立てても中止になるばかりで、何もしていないのに消耗する日々が続いていたかもしれない。しかし、この一ヶ月は追い風を感じることが出来そうだ。雨音に耳を澄ますように停滞を受け入れることができれば、あなた自身が吹っ切れて水を得た魚のように生き生きと振る舞えるようになるだろう。温めていた計画があるならその見直しや学び直しをしてみるのも良い。あなたはちょっとしたことにも頻繁にときめくことができる。それはひとつの才能だ。ときめいた分だけ自分をスピーディーにアップデートさせられるから、過去に立てていた計画も見直せば必ず新しい発見があるだろう。双子座のコナン・ドイルはこうも言っている。

「小さなことこそ大切だというのが、ずっと私の信条だ。」

rocco(太陽:牡羊座 月:双子座)

▲目次へ戻る

蟹座

かに座の皆様、年に一度のお誕生日おめでとうございます! かにと言えば、気になるのが毛ガニの毛のこと。毛を切りたいと思った時に自分のハサミでカットすることはできるのかどうかということです。あの手の長さでは難しいかもしれませんが、別のカニに切ってもらうことはできるかもしれませんね。お互いカットしあう風景は、ほほえましいのではないでしょうか。「仲良き事は美しき哉」です。ところで、最近は男性の胸毛を許容しない女子が多いようなのです。確かに清潔感はあった方がよいですが、セクシー感や男らしさを出せる素敵アイテムなのではないでしょうか。多数の意見に流されず、自分をより良く見せるには「これは必要!」と思ったら抜いたり、剃ったりせず大事にしてほしいところです。胸毛に関しては女性に関係ない話で恐縮ですが、このかに座期は男女問わず、理想の自分にとって必要なものを知り、理解してくれる人を見つける時期にしてほしいなと思います。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

▲目次へ戻る

獅子座

しかめっ面の世、まかり通っていた価値観に疑問が飛び交う。やりづらい時代をいかがお過ごしだろうか。梅雨空と雷雨を経て季節が進んでいくように、あなたの世界も痛みも喜びも体験してきたあなたは「オーバーヒートしている」負荷に気がつくだろう。例えば、あなたの強く明るく周囲を勇気づけようとする意識。使命的な愛があるからこそだが、相手にいまいち響いてないと萎んでしまう。今期はそのからくりを解いてみてほしい。思い通りにならない何かを押し通そうと無茶してないか。正体を見破るだけでもフッと軽くなる。退かない自分を鼓舞してきたとしたらマイナスに思うかもしれないが、自罰的になることはない。心の声に耳を傾けよう。メンテナンスを挟むことで、自分の本音も、環境の異なる相手の筋道もよく見える。ここから末永く皆と笑って生きるために、獅子座さんは、大きな器としなやかな四肢を手に入れようとしているのだ。

みつやま(太陽:射手座 月:蟹座)「星読み探求」

▲目次へ戻る

乙女座

この時期、月の満ち欠けは自己理解と他者理解の二つの車輪を回しながら乙女座の価値観を深めていきます。現場が抱える問題に接することで、今まで見えにくかった自身のテーマに気付き、結果としてあなたが培ってきた経験や資質に自信を吹き込む経験ができるでしょう。6/25満月、大した事じゃない、これくらい当たり前、その感覚の奥には他の人よりもタフでハードな経験値がきっとあるはず。普段意識して使っていない自分の装備や武器をチェックしてみて。7/10新月、過去から判断して実力不安、深入りせずに見切りたくなる課題にも小さな手応え重視で行動を重ねる。成長の痛みには他者には見えない大切な要素が含まれ、最終的な答えは本人の中から引き出されます。限られた条件の中、どの程度まで形にするかを決め、時間や気力の配分の変更を考えてみましょう。今はレベル確認の段階と考えて少しずつ磨いておく。外部評価に揺れない長期的な安定が可能になります。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座)ものごとのなかば

▲目次へ戻る

天秤座

このところ、大きなプレッシャーの渦中にあり、気持ちも大きく揺れ動いていましたが、ここからは流れが変わっていきます。あなたの起こした行動は、今、大きな広がりを見せています。長く抱えてきた違和感をはっきりと打ち出して、まずは、立場を作っていきましょう。あなたが見てほしい場所、本当に活躍したい場所はどこでしょうか。あなたの見どころをしっかりと明示していってください。あなたが望んでいるかどうかに関わらず、周囲はあなたに注目しています。あり方や立ち位置を自分自身で設定せずにいると、まわりの要求に飲み込まれていきかねません。たとえ、あなたの主張が、個人的なわがままと一蹴されても、天に向けて掲げた剣は、決して納めないこと。それが、あなたの大切なアイデンティティであり、所属する集団の新しい概念の礎となっていきます。軋轢を恐れずに最良のパフォーマンスを引き出せるような環境作りに力を尽くしてほしいと思います。

ふみ(太陽:獅子座 月:山羊座)「ふーみん.com」

▲目次へ戻る

蠍座

ミヒャエル・エンデの『果てしない物語』の中ではいじめられっ子のバスチアンが勇気を出して発言する事で本の世界に入り、魔法の力を貰います。この力は使うたびに元いた世界の記憶を失ってしまうのですが、現実が辛い彼は欲するものと引き換えに記憶を失くし続けていきます。その後、愛されるという経験の中で自分も誰かを愛したいと願い、友の協力によって記憶を取り戻し、現実の自分を受け入れ、元の世界に帰っていきます。思うようにいかない現実にもどかしさを感じている今の蠍座さんにもバスチアンの様に勇気を出して自らが働きかける時が来ています。彼のきっかけは閃いた名前を発言した事でした。貴方も些細なことでも良いと思う事や感じたアイディアを外の世界に表現するところから始めてみて下さい。動き出した先でどんな風に仲間と出会い、成長し、愛をみつけ、既にあるものを見つめ直せるか、そこにはあなただけの果てしない物語が育っていきます。

ヤエ(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

射手座

毎年、今年の梅雨入りは遅いとか早いとか発表がある。射手座の皆さんには早かろうが遅かろうが、本格的な夏を前に梅雨時期は思いっきり「ツユっぽく」過ごしてほしい。ん、ツユっぽく…?? ちょっと唐突で曖昧な表現で失敬。

先走ってひとり何かを目指す前に、ジメジメ湿っぽく鬱陶しくとも誰かと腹を割って対峙しよう! 目の前に存在する誰かとのつながりを、面倒でも「もう一段深めて」みよう! というご提案です。グッと関係を深めることで「え、ウソ?!あんさん実はそんなチカラ隠しもってたの?!」とおもしろい発見・発掘につながることも。相手さえも気がついていなかった【自分自身のチカラ=価値】であるかもしれないわけで、あなたがいたからこそ「価値の気付き」を相手に与えられるのです。それはあなたの能力の発見でもあり、相互で価値の再発見・再認識・再活用につながる。いいねぇ、素晴らしい。いいじゃん、いいじゃん、ずこいじゃん! って明るくあなたに声かけされる。それだけで「これってすごいんだ」って勇気と自信をもらえる人もいる。ジメジメも悪くない。あなたに掘り起こされるのを、どこかで待っている人がいます。

ひかり(太陽・魚座 月・双子座)

▲目次へ戻る

山羊座

人に手を差しのべたつもりが、その手を振り払われてしまうことがある。「あなたはわかってくれない人だから」と言われたようで、傷つき、気落ちをするかもしれない。拗ねて心を閉ざしてせっかくの機会を潰すなど愚かだと、反感も覚えるだろう。でもその人はきっと、自分の大切なものを守ろうとしているだけ。他人の大事なものを「とるに足らない」と決めつけたことがあるなら、まず自分が改め、尊重する姿勢を見せよう。やりとりのなかで、これまで「そういうもの」として過ごしてきたことについて、「どうしてこれが当たり前なんだっけ?」という疑問が浮かんでくる。それは、頑なだった自分がなにに縛られていたのかを知るプロセス。大切なものも、守り方も、人それぞれ違う。自分のなかでもどんどん変わっていく。7/10新月はイメージトレーニングの時。“手塩にかけて育んだいまが、やがて理想の未来をかたちづくる”というイメージを思い描いてみよう。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

▲目次へ戻る

水瓶座

人生を変えたいと思いながらも、日頃遭遇する多少の理不尽には目を伏せて、現状維持を望むのが人間というもので、チャンスと思しきものが目の前にやってきても、なんだかんだと理由を付けては手を出すことをためらい続ける。そんな状況で、水瓶座の口から出てきそうな一番の言い訳は“自信がない”だ。不意に訪れるチャンスにすぐさま飛び乗れるよう、今まで大切に抱え込んできた様々な想いを取捨選択し、心を整えるのに最適な蟹座期。まずは自分がどうしたいのかを明確にしておきたい。目指す先が曖昧なままでは、時間や労力を無駄にしてしまいかねないからだ。どうしてそれを望むのか、自分の中で揺るぎない根拠があれば自信は後からいくらでもついてくる。「こういう想いを持って、こういう風に生きていきたい、こういう在り方で過ごしたい。」と、思い切って決めてしまうこと。いつどこから声がかかってもいいように、準備万端な状態で未来を迎えに行こう。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

魚 座

あなたは愛溢れる優しい感性の持ち主であるが故に、積極的にこれ! という流れを作っていくより、多少のズレがあっても目の前の人に合わせて、その流れに乗ることが多いだろう。だからこそ今は、あなたの中からピンとくるインスピレーションの流れに乗ることを最優先してみよう。そしてあなたの世界に相手を巻き込んでいく流れを作るチャレンジをしよう。相手に対して具体的な何かをする優しさもあるが、あなたの方に流れ込んでもらうことに意味がある場合もある。理想が高く、誰かのために自分を犠牲にできるあなただからこそ描ける世界に来た人は、あなたの愛に溢れた世界に触れ、本当の心の平和を知るかもしれない。2022年はあなたが自分の可能性を広げる時間となり、良いことも良くないことも1000本ノックのようにやってくる。今はその予行演習の時。あなたのスタンスを変えるチャレンジは、来年以降さらに発展する流れを作るポイントになるだろう。

☆Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座)「人生の波乗り上手になるための運気予報」

 

▲目次へ戻る

総評

いよいよ夏至がやってきました。夏至からの3か月間は、個人/企業/国の在り方、目指すべき方向性、問題点、改善点などがクリアになる時期です。どのようなことが明らかになっていくのか楽しみですね。その最初の一ヶ月、一体どのようなことを意識して過ごせばいいのか、とても重要なアドバイスになることと思います。みなさん、太陽が強調される時期だからこそのアドバイスができたでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう