赤ペン12サイン占い 2021 天秤座

12星座占い 9/23~10/22 -- nicoの赤ペン添削付き

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

太陽が天秤座を運行している期間は、牡羊座のあなたにとって、自分の知性、技術、スキルなど積み上げてきたものを環境の中で調和させるために、他者と関わり新しい刺激を受けながら自己の価値を高め成長させていく時です。今まで自分の安心できる世界でコツコツ自分の能力や才能を育ててきましたが、外の世界に出てみると自分より素敵で知識が豊富で優秀な他者の存在を実感することになります。私らしく輝くために前に進もうとするけれど、自分の力不足を感じポジティブな考えや行動ができなくなりそうです。しかし、外の世界の刺激は、自分の知らない知識や情報を得ることに繋がり、新しい人間関係は自分を成長させてくれる可能性を秘めてます。どうしたら自分らしくいられるのか、他者との関係性の中で劣等感を感じたときには、言葉であなたの想いを伝えましょう。コミュニケーション能力を育てると、意思疎通が可能となり対等な関係性を築けることでしょう。 

和佳(太陽:乙女座 月:魚座)

▲目次へ戻る

牡牛座

日差しも空気も日ごとに変化、体のモードを徐々に秋になじませていく流れ。疲れがたまっていると体調や気持ちのアップダウンに出やすい時期ですが、完全モードじゃないと割り切って、できる範囲で積極的に意識を整えていくことで運気UP。また、日ごろ長い時間を過ごす職場やチーム、作業環境などの改良に最適な星回りです。普段に意識している自分の領域よりも、12m外側の共用ゾーンにも少し意識を向けて、あなたから先に挨拶を発信してみて。10/6新月、気づいたら率先して行動に移してみる。無意識のうちに誰かにお願いモードでいると「頼んだのと違う!」と後から結果を見てストレスになりそう。ラクチン省エネ運転だけでは持て余したエネルギーのはけ口で不満や愚痴が多くなり、その穴埋めに飲食や買物で不要な出費の悪循環も…。自分で考え動くことでエネルギーを適度に消費して、100%完璧な状態にならないとしても必ず納得感がついてくるでしょう。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座) 「ものごとのなかば」

 

▲目次へ戻る

双子座

自分には価値がないっていう気持ちと長い間戦ってきた。でも最近気付いたの…昔から私は私だった。今は愛されてるけど愛されてなかった頃も価値がなかったわけじゃない。自分の価値を決めるのは自分だけ。ほかの誰でもない。

これはドラマ『アンという名の少女』にて孤児・捨て犬・不器量と揶揄されてきた赤毛のアンが成長し、友人に語る台詞の一節だ。この言葉の重さに気がつけるまで、私という人間は随分と長い時間を要したものだなと感じている。その場を丸く収めるため自己の好奇心を抑え発言を控え、やり過ごす術を身につけてきた。それにより手にしたものは何であったのだろう。この術により葬った私らしさに価値はなかったのだろうか。自分の原点は? どんなワタシでこれからを生きる? そこを一層考え実践し、周囲と対峙する時が来た。これをやりたいあれを言いたい! と掻き立てられる想いに蓋をするのはよそう。誰かを傷つけ自分も深い傷を負う…その覚悟で前へ。自分の価値を決めるのは自分だけなのだから。

ひかり(太陽:魚座 月:双子座)

▲目次へ戻る

蟹座

コスモスが風に揺れる季節になりました。乾いた空気は景色を鮮明に映し出し、ときおり、はっとさせられます。あなたのプライべート空間にも新しい光と風を迎え入れてみませんか。頼りなる人の協力を得たり、公的なシステムを活用したりして、ご自身が抱える個人的なテーマについて話を聞いてもらえるような機会を作っていくと、緊張が緩み、今までとは異なるアプローチが可能になっていきます。日々の暮らしの中で起こった出来事やいつまでも整理のつかないモヤモヤとした思い。ご自身の内にあるものに光をあてて話をしていくと、滞留していたエネルギーが動き出します。また、この時期は、いろいろなことを判断できるときでもあります。新しい刺激を受けても反射的に結論をださずに、咀嚼していったん自分の中に入れてみてください。あなたの内側で丁寧に対話をしていくと、それがご自身の肥しとなって、パーソナルスペースは広く深く豊かになっていきます。

ふみ(太陽:獅子座 月:山羊座)「ふーみん.com」

▲目次へ戻る

獅子座

人はときとして、他者の言葉を受け入れず、一切を遮断してしまうことがある。自分の考えが素晴らしく完璧だと思っているときほど、周囲の言葉を取るに足らないものだと決めつけ、心に留めようとしない。天秤座期の獅子座は、大抵の物事が望み通りに進み、“未来は明るい”と思える瞬間を幾度となく実感できるはずだ。だが一方で、浮足立って理想だけが先走りがちなため、大切な仲間の声を素通りし、置き去りにしてしまったり、独りよがりな思い込みに囚われて、他者の考えを憶測で決めつけてしまったりすることも。そうならないためにもこの時期は、周囲とのコミュニケーションを第一に考えてほしい。相手との直接の対話を通して、何かすれ違いが起こっていないか、自分の目や耳で丁寧に確認しよう。自分の判断にいくら自信があったとしても、ひとりで突っ走るのではなく、周りの人たちと足並みを揃えることで、さらに良い流れに乗って行くことができるはずだ。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

乙女座

涼しくなって、頭も冴えてきて、食べ物も美味しくなってきた頃だから、夏までとは違う充実を求め、うずうず動きたくなってくる。そんな関心を押し留めておくにはもったいない。乙女座さんはこれまでの成果物──手料理を、テニスの腕前を、研究レポートを、人々に持ちかけることで応答があるように、異なる感性との出会いが印象的な時期だろう。秋の黄昏時には物思いに耽るのも様になるが、ちょっとそんな暇ないくらいに、人と人との繋がりのなかで「私」を循環させることが大切だ。人と見比べて恥ずかしくなるものであっても、出会いがあり、きちんと表現できたことは通過点として頷けるはず。だからその勇気を無駄にしないためにも、経験と糧を持ち帰る。「様々な人の声から新しい扉を見つける」そんな面白さを感じられたら万々歳。まだまだ改善の余地はあるというあなたの姿に、ひたむきな輝きを感じる方もいる。腕まくりをして、今のあなたを振る舞おう。

みつやま(太陽:射手座 月:蟹座)「星読み探求」

▲目次へ戻る

天秤座

天秤座の小説家、三浦しをんさんの「舟を編む」の中に“辞書は真実の意味での「完成」を迎えることがない書物だ。思い入れすぎては、「ここまでにして、世に問おう」と踏ん切れなくなる。”という文がある。辞書は人に使われてこそ価値があり、言葉は変化するもので完璧を目指しても永遠に終わりはやってこない。だからこそ踏ん切りをつけて世に出し、反応や時代を鑑みて改訂し、洗練させていく。生きる事もそうだろう。世にもまれ、成長していく。この時期の天秤座さんは世に問おうとまでいかなくても自分をお披露目していくタイミング。ぜひ理想の自分という思い入れを外して貴方が今どんなことを考え、何をしている人なのか今の精一杯を表現してみて。三浦さんは就職試験で書いた作文が面接官の目に留まり文章を書き始めたそう。自分を表現する事で彼女の様に自分では気づかなかった魅力や個性を他者が教えてくれたり、違う世界の扉を開くチャンスが手に入るかも。

ヤエ(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

蠍座

まだ誕生日には早いけれど、去年一つ歳を重ねて以来、自分がどんなふうに過ごしてきたのかを振り返ってみよう。描いていた理想に近づけているだろうか。首を横に振るにせよ縦に振るにせよ、答えを出すのはもっとあとでいい。さぼって投げ出したままになっていることがあるのなら、いま、再開しよう。ちょうど力試しの機会もあるはずだ。10/8頃になってもその機会が訪れないなら、自分で場をつくればいい。たとえ「やっぱり自分なんて大したものではない」という現実に落胆することになったって、どうせこれからもその大切なものを磨き育み続けることを選ぶのだ。そのくらいで諦められるくらいなら、ずっと前に忘れ去っている。皮肉屋を気取っても諦めて忘れたふりをしても、それでも胸の奥で燻っていたんだろう。もう夢を描くだけでは足りない。計画を刷新しよう。なにから始めるのか、だれの力を借りるのか、どんな策で挑むのか。心を決め、取り掛かろう。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

▲目次へ戻る

射手座

マスク! 消毒! 黙食! 37度以上はアウト! こんな堅苦しい中にいると、自由を求めるのは当然のこと。誰かが作った肥大化した未来のイメージにも疑問を感じ、葛藤して疲弊してはいないだろうか。今、この重い世界から逃げ出したい一心で飛び出したとしても、望むものに到達するのは難しいだろう。何かを求めて飛び出す前に、まずはあなたがあなたの存在をもっと認めることが先決だ。自分を認められるあなたでしか、本当の望みは見えない。地に足つけて自分の存在を認めることで、信じるものはより明確になり、未来があなたを応援するようになる。小さく押し込められていた勇気や情熱も自然に溢れ出すようになり、人を巻き込む魅力へと変わる。人との交流が盛んになるこの時期、未来が見えているあなたのコミュニケーションは、想像を超えて人を巻き込み広がっていくだろう。まずはあなたの中心でただ穏やかに、自分の存在をありのままに感じることをしてみよう。    

☆Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座)「人生の波乗り上手になるための運気予報」

▲目次へ戻る

山羊座

読書、食欲、芸術、スポーツなど「〇〇の秋」と言えばたくさんの言葉が思い浮かびますが、この秋の山羊座さんには特に「実りの秋」というものにフォーカスして欲しい。丹精込めて育てられた稲は黄金色に輝き刈り入れの時を迎えている。あなたも目標や理想に向かって積み重ねてきた努力や奮闘などの頑張りを何らかの形ある成果として獲得し、収穫の喜びと豊さを享受しよう。銘柄米の多くがその名前の由来に生産者のこだわりや願いなどを強く反映しているように、自分の仕事やチーム・作品などにインパクトのある素敵な称号をつけてみるのもいいかもしれない。言葉にすることで目指す方向性が自他ともに明確になり、動きを加速するためのブースターとなってくれるだろう。また品評会やコンペ、オーディションなど他者から品定めされるような場面にも果敢にチャレンジしてみてはどうだろう。たとえ期待したような評価が得られなかったとしてもいろんな意味で収穫が感じられたらきっと未来への糧となるはず。

TOMOKO(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

水瓶座

いわゆる「風の時代」に入ってから、様々な出来事を通じてこれまでの価値観が通用しなくなってきていることをあなたは人一倍敏感に感じ取っているだろう。性別や職業などの垣根が徐々に低くなりつつある今、個人が存分に自分を発揮できる理想の時代が近づいているようで、影に押しやられた人の痛みにも敏感なあなただからこそ迷いや戸惑いが絶えず心を揺さぶり続けているかもしれない。誰も時代に取り残されることのない世界を目指したい。この時期はこれくらいダイナミックなテーマに真正面から取り組んでみてもいい。まずは臆することなく理想を語る勇気を持とう。良い反応もそうでないものも、どちらも等しくあなたを洗練させる可能性を秘めている。真摯に受け止めてブラッシュアップしていけば 10 月以降は少しずつ手応えを感じられるようになってくるだろう。表舞台に立つ準備をしよう。目が覚めるようなあなたの鮮やかな感性を、この風の時代は間違いなく必要としているのだから。

rocco(太陽:牡羊座 月:双子座)

 

▲目次へ戻る

魚 座

先日、オオサンショウウオが水槽の中でゆったりと動く様をスマホで愛でながら眠りにつこう、というイベントが京都にある水族館の企画で開催されましたね。全国数万人とも数十万人ともいわれているオオサンショウウオファンにとっては胸ときめく企画だったはず。オオサンショウウオといえば食用というイメージもありますが、ぬいぐるみが好評で、フォルムやヌメリ気、つぶらな瞳や大きな口など魅力も多く生き物としても人気者のようです。オオサンショウウオ自身は何もしていませんが、見る人、関わる人、環境、技術によっては、癒しの存在にまでなってしまうのですね。残念ながら私たちが待っていても、誰かに新しい魅力を見つけてもらえる可能性は低いと思われますが、関わる場や活動次第では自身の魅力を発揮する近道が見つかるかもしれませんよね。火星も天秤座座に入りました。あなたの新しい、または見えていなかった魅力を再発見するチャレンジをしてみてください。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

 

▲目次へ戻る

nico の総評

皆さんおつかれさまでした!

今回はブラ―――――――ボ――――なテキスト連発! 皆さんの中にある天秤座=金星的な魅力がさく裂した時期になりました。牡牛座担当のみねこさんのテキストのように日常にしっかり落とし込むテキスト、水瓶座担当のroccoさんのようにでっかい話をしながら本質的なところに直接働きかけてくるテキスト、それぞれに良さを感じました。大事なのは一貫して書ききることですね。どちらのアプローチでもいいので、貫く姿勢が大事なのかな。また考えさせる余地は残すとしても、何を、どうすればいいのかといった説明を省くと、象徴は伝わりにくいのだなという印象も受けました。自分がわかっているようで、意外と相手には伝わらないものです。次回は、「伝わらないもの」という前提で書いてみてください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう