赤ペン12サイン占い 2023 牡羊座

12星座占い 3/21~4/19 — nicoの赤ペン添削付き

 

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

牡羊座

牡羊座に太陽が入る―占星術でいう一年の始まりのときです。その中で牡羊座さんに今求められていることは「自律」。自律とは、他からの支配・制約を受けずに、自分自身で打ち立てた規範に従って行動すること。誰かが作った安心できる世界に身をゆだねる時代は終わり、先行き不透明な中、生き残っていくためには他からの支配、制約を受けずに自らの意思により法則を立て従っていくことが重要になってきます。そこには何の保証も約束も用意されていないかもしれませんが、だからこそどのようにも創造していける可能性がある。この創造の力は生物として生まれたならだれにでも内包されているものではないでしょうか。この一ヶ月はそんな内包されている力を掘り起こし目覚めさせていく。生存の力を最大限振り絞っていくことを要求されているような気がします。何も持ち合わせていないような気持ちかもしれません。でも、すべてが整った盤石な体制などそもそも存在しないのです。整うまで待つのではなく何度もトライ&エラーをくりかえしながら形作っていく。失敗しながらも何かは手元に少しずつでも積みあがっていく。あなたの意志の力はそれらを手繰り寄せることができるのです。自らの手で生み出せることを体験すればいかに喜びにつながっていくかを感じ取ることができます。

Telesa Noriyo(太陽:天秤座 月:乙女座)

 

▲目次へ戻る

牡牛座

あと一ヶ月でソーラーリターンを迎える牡牛座さん。ソーラーリターンとは現在運行中の太陽が、生まれた時の太陽と同じ位置に帰ってくる誕生日頃のことで、その先1年間のテーマが書き換えられる時のこと。今はちょうど、これまでに取り組んできたことが何らかの形として見えてくるので、それを踏まえ、これからどう動いていくのか。じっくりと振り返り、計画するのにぴったりな時期。大切なのは自分の感覚で、変化を恐れずに前を向くこと。できる限りベストな選択を心掛けること。取り組むべきテーマは人間関係であったり、仕事やお金、趣味であったりと人それぞれですが、これから先の未来へと繋がっていきます。また牡牛座で力を発揮する金星が4/11までの間は牡牛座に滞在するので、自分らしく心地良くいられる時間が過ごせそう。慌てず焦らず、穏やかに過ごしながら、目の前で起きる物事を違う角度から見るように意識してみるのも良さそうです。

まや(太陽:蠍座 月:水瓶座)

▲目次へ戻る

双子座

「都をどりはヨーイヤサー♪」の掛け声で幕が上がる祇園甲部の都をどりは京都の春の風物詩である。東京遷都後に衰退した京の町を新時代に見合う近代都市にしようと開催された明治5年の京都博覧会で披露されたのが始まりだ。当時の花街にはなかった「集団での舞」という新しい形式が生まれ、従来のお座敷舞では贔屓の常連客しか見ることができなかった芸妓さん舞妓さんの舞をより多くの人が楽しめるようになった。そして150年経った今でも「ヨーイヤサー恰弥栄」の言葉通りにいっそう栄えることにつながった。双子座さんも今月はあなたの持つ知識や能力を身内や親しい間柄で使うだけではなく、さらに広くそして未来にも残るような仕組みやスタイルを考え試してみてほしい。既にあるものにあなたならではの視点を生かしたアイデアを加えたり、目標を共有できる人達と新たなチームを結成し教え率いていくことで、これまでにあなたが築いてきたものがさらに発展し普及していくことになるだろう。

TOMOKO(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

蟹座

Hヘッセの詩に “人生の階段ごとに心は、別れと再出発の準備をせねばならず、勇気を身にまとい、嘆くことなく、別の新しい絆に身をゆだねる“ という一節がある。あなたの星の象徴である蟹は成長の際、殻の中に新しい殻を作り、その内側に並ぶ細胞を脱皮直前に分裂させ、脱皮した直後に縦長の細胞を横に広げることで一気に体を大きくする。この時期は、あなたもあなたの内側ではじまりへの準備をしていこう。まずは育ってきた内側の自分がどん形なのか、外に出る時期などを見極めてみよう。大きくなるには最適でも外界から身を守るには不適な柔らかい殻になるという事は無防備で傷つく可能性も高い。勇気と覚悟が必要となるだろう。それでも、この詩が ”すべての始まりに不思議な力が宿る。その力は私たちを守り、生きる助けになる。“ と続くように、人生にはここだ! と思うような特別な瞬間がやってくるのだろう。その時に先へ踏み出せる心を育んでおきたい。

ヤエ(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

獅子座

新しく始まる季節を喜んでいる 始められない自分にうつむいている その差は何 自分の進む道が見つけられているか、まだ見つけられないかの違いではないか。道が見えないことの苦しみは誰にでも訪れる。見えていたはずの道が見えなくなることも、その道が行き止まりと気がつくこともある。道がないなら、道を切り拓くことも必要かも。自分だけ豊かになっても楽しくないあなたなら、道を切り拓いたら、次にその道を歩いてくれる人の存在を信じられる。誰かになりたい訳ではなく、ただ自分を生きたいだけだから、もう外に光を求めず、自分が発光体になると決意してしまおう。そのためにはシンプルに考えて。イヤなことを続けたり、合わないものを手放せず、目の前のものに本気になれないと人生は、どんどん私たちの首を絞めつけてくるから、好きなことを本気でやろう。いま誰かに理解されなくても、周囲から浮いても気にするな。始めて行くと自分に宣言しよう。

紅谷柘榴(太陽:山羊座 月:射手座)「紅谷柘榴(べにやざくろ)の星をめざして」


▲目次へ戻る

乙女座

この時期は、自分が好きで取り組んでいることについて、よりよいやり方はないかと考える時間が増えるかもしれない。それは、今のままでも十分だと思いながらも、何か見落としている気がする、もう少し工夫ができるはずだという思いが浮き彫りになってくるからだ。その根底にあるのは、自分が大切にしているものを、もっと世の中に広めたいという心の奥深くにある願望。とはいえ、どうすればいいのか、そう簡単にはわからないということも。そんなときは、周囲に意見を求めてみてほしい。多くの人が欲しているものが何なのかを知ることが重要な鍵になる。大切な人や身近な人なら何と言うだろうと思いを巡らせてみるのもいいだろう。そうすることで、気づかず独りよがりになってしまっている部分も見えてくるはずだ。漠然としていたイメージが、より具体的なものへ変容していくに違いない。スタートにふさわしいこの季節、決意を新たに高みを目指してみてほしい。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

▲目次へ戻る

天秤座

冬の間じっと息をひそめていた生命が目覚める季節。新しい出発の季節。期待と不安が入り混じる時でもあります。特に今年は約三年間のマスク生活も個人判断で終わりを告げる時。これからは個人の判断で行動していかなければならないことが増えるでしょう。その時自分軸がとても大切です。今期の天秤座さんも今まで自分の中で温めてきたものを外へ出していく時です。自分の理想に向かって勇気を持って動いて行きましょう。出来ないのはどうしてでしょう 人と比べてしまうから 社会や周りの人にどう思われるか恐いから 恐れに繋がる臓器は腎臓です。天秤座が管轄する体の部位です。腎臓の働きの一つは血液をろ過し老廃物と体に必要な物とを仕分けして不要な物を尿として排出すること。働きが低下すると血液中の老廃物が体に溜まっていき体調に不調をきたします。体と心はつながっています。思いもおなじです。腎臓をケアしながら体調を整えて自分の思いを外に出して行きましょう。

YUKKO (太陽:牡羊座 月:獅子座)

▲目次へ戻る

蠍座

もう少し、冬と春との狭間に酔いしれたかった。そんな気持ちとは裏腹に時はどんどん前へと進み、周りの誰も彼もが同様に前へ進んでいるように見えてくる。自分だけが虚しく力無く、冬のどこかに立ち止まっているようだ。そんな乾いた心の時、彼の力に頼る。なかやまきんに君だ。「おい! どうしたんだい?」溌溂とした彼のこの一言で少しシャキッとする。彼は生涯現役を目標に掲げ、日々トレーニングは行えど過度に行い「一線を越える」ようなことはせず、数年間ほぼ同じ食事でコンディションを整えている。自分の感覚に忠実に向き合うことで出来上がってきたスタイルなのだろう。さて、今のあなたは彼のように「自身のチューニング」をする時。後回しにしていた自分のためのあれやこれやに目をむけ手をかけ磨きあげておこう。自分でできるところは自分で、できないところは有形無形問わず外の力で補えばいい。皆そうやって補い合いつつ、前へと歩みを進めている。

ひかり(太陽:魚座 月:双子座)

▲目次へ戻る

射手座

ケンタウロスの寓話で『人間のご飯を食べるべきか、馬の餌を食べるべきか、人間の家で寝るべきか、馬小屋で寝るべきかずっと考え続け、食べることも寝ることもできず死んでしまった』というお話がある。バカみたいな話に聞こえるが、現実社会も白か黒か、右か左かなどはっきり二極化できることの方が少なく、どちらかに所属することもなく、グレーゾーンの濃淡を行ったり来たりしている人が大半なのではないだろうか。世の中で語られる目立つ意見に必ずしもいいと思えないグレーゾーンの一人一人は「私だけがグレーなのかも…」という想いと孤独を抱えてる。だからまず自分からライトグレーでもチャコールグレーでも、はたまたどんな色でも、自分を主語にして言葉を発してみよう。そしてそんなあなたの投げかけを受け、共感や賛同などの意見が返してくれるその人たちの下半身をよく見てみよう。…世の中捨てたものじゃない、ケンタウロスは意外と周りにいるのかもしれない。

千花(太陽:牡羊座 月:山羊座)

▲目次へ戻る

山羊座

他人は自分の思い通りにならない。自分をアップグレードすれば、それまで結びついていた相手と袂を分つこともある。なのに、価値観を違えていると知りながら、「もう関わらない」と割り切ることのできない相手がいるだろう。それはきっと、かつて自分に絶対的な居場所を与えてくれた人。なにを言っても平行線を辿ると99%まで諦めているのに、1%の「今度はわかってくれるかもしれない」を捨てきれない。型通りの説得をし尽くしたならば、「型通り」ではないところに賭けてみるしかないだろう。「まさかそんなことできないよね」と益体もない思いつきとして打ち消しているもののなかに、突破口が潜んでいるはずだ。頭をよぎるばかりのさまざまなイメージを文字にして書き留めて、新たな戦略のヒントを探してみよう。これは挑み続けるあなたへの応援。でも本当は、あなた自身とっくにわかっているように、引き潮時だ。そろそろその人に見切りをつけてもいい。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

▲目次へ戻る

水瓶座

課題や目標設定、環境、顔ぶれの変化にヒントがあふれる新シーズン。今月は3/224/202回の新月が生じ、欲求確認・スタート準備を二段階で行う星回りです。3/28-30は体の奥から湧く欲求と、頭に降りてくる想像のミックスにより意欲が高まる時期、未来の希望形を夏までの行動計画として大胆に立ててみよう。まだ方向性が固まらない場合は、現状に抱くグチや不満、あなたの活力を削ぐ何者かの形を通してヒントが訪れます。環境が与える課題や役割でもう手一杯!! という先行イメージにより、あなたの情熱の火が燃えないよう抑え込まれているなら、それは自作自演の条件設定からくる気分の揺れ(不安・億劫)である可能性あり。ブレイクスルーは4/12、出来るかどうかは別にして、○○をやろう、◇◇に行こう、△△を試そう、と気持ちを声に出し、声を耳から入れて自分の中に響かせてみる。他者の変化を待つことなく、あなたの取組み姿勢のイメージ戦略により扉が開きます。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座) 

▲目次へ戻る

魚 座

今年もおひつじ座期が来ましたが、お正月の次くらいに節目となる時期ですよね。気が付いたらもう春分そして年度末、いつの間に一年が経ったのか、と時の速さに驚く方も多いのでは。あっという間に散ってしまう桜のように人生も春の夜の夢かもしれません。そんな泡沫の中、夢を見続けていられるのは幸せなことですが、気ままに夢を追って泳ぎ続けているうちに、いつの間にか陸から遠ざかってはいませんか。夢をかなえ、形にすることもこの短い人生においての醍醐味の一つ。それはあなただけではなく、他の誰かも幸せにできることかもしれません。この先にどんなゴールが待っているのか、どうすれば願った所にたどり着けるのか、そんなことをこのおひつじ座期に再検討してほしいなと思います。春眠暁を覚えず、春は陽気が続いたり、自律神経が乱れやすくなったりで眠気が襲ってきやすい季節。目をつぶってみる夢も見つつ、目を開けて見る夢についても考えてみてください。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

▲目次へ戻る

nico の総評

春です! 天体がいろいろ動き始めました。皆さんの意識も変わり始めたのでしょうか。それぞれの「らしさ」が伸び伸び発揮されるようになりましたね。一方で今回のテキストは、お話しというより情報の提供という感じがありました。お祭り、人物紹介、身体、テキストに情報を適切に使うのはアイデアとして素晴らしいですが、引用したからにはそれ以上の効果を与えないといけません。伝えるべきは、そのサインのwell-beingにつながる物語で、そのためにはものの見方を変えてもらう必要があります。たった400Wのテキストでそのような劇的なことは望めませんが、ヒントくらいは提供できるかもしれません。そのためにどんな書き方の工夫ができるでしょうか。次回はその辺を意識してみてください。

 

 

講座のお知らせ +:-:+:-:+:-:

 

4/10(月)スタート!
ホロスコープ実践講座、平日夜クラス開講

 

 今までお遊び程度に占星術を扱っては「あたってるな〜」と思ったり、他人に「なんかそれは違うかも」と言われたりしていました。その結果、確証が持てずに難しいなと思っていた気持ちが、今回講座に参加したことで「このサインの意味ってどう言語化したらいいのかな」「ディスポジターのこの流れはどう解釈すれば?」など自分のわからないポイントが明確になりました。
 これまでの「漠然としたわからない」とは違い、「ここがわからない」に変わったのは大きなことでした。そして、課題に取り組んでいると基礎が大事だったことが本当によくわかりました。また基礎も何度も復習していきたいと思います。

C.Fさま(大阪府・40代)ホロスコープ実践講座–2022年9月クラス受講中

 

自分のホロスコープを
「知る」だけではなく「実践する」へ

nico の心理占星術では、ホロスコープをスピリチュアルなものと捉えず、目の前のクライアントができる=実現可能な提案をすることを最も大切にしています。

さまざまな人のホロスコープを見ていくと、その人にしか持ちえない物語があることが分かります。

個人が抱えやすい生きにくさ、人生の葛藤、乗り越えた喜びなど、たくさんの人生を垣間見ることで人間が本来目指すべき「well-being =最良の人生」とは何かが理解できるようになります。

すると、自分自身の生き方を振り返り、これからの生き方そのものを立て直そうという意識がうまれてくるのです。
心理占星術を学びながら、人生を振り返り、未来を創造するのにもとても効果的な講座です。 学習を進めながら、自分自身の個性も育てていきましょう。

この講座では、基礎講座で習得したサイン、ハウス、天体のアスペクトの象徴やキーワードを並べるだけでなく、個人の心理成長のプロセス(過去ー現在ー未来)をイメージしながら、自分の言葉でセッションができることを目指します。

講座が終了する頃には、言語化するのが難しい天体、サイン、ハウスの象徴を実践的にとらえなおし、自分の言葉=個性を生かして表現できるようになるでしょう。

皆さんのご参加をお待ちしています。

☟カリキュラムや講座概要はこちらから☟

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう