今月の言葉 乙女座 棟方志功

これからのわたくしの仕事というものは、他愛のないものというのでしょうか、そういうものになりたいのです。

力とか、慾とか、そういうものがはいらない世界、本当に他愛のない世界から生まれてくる仕事、願うことではなく、願われる仕事、そんな慾でない慾を持ちたいものです。

160823
出典:ねぶた祭りから連想した棟方志功の作品

 

今月の言葉

棟方志功 1903年9月5日 青森県生まれ

板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。囲炉裏の煤で眼を病み、以来極度の近視となる。仏を題材にした作品が有名。

獅子座で人生の最大の強みともいえる「個性」を見つけた後、6番目のサイン乙女座は、その個性に磨きをかける段階に入る。乙女座は静かに、そして謙虚に、自身の仕事と向き合い、身を捧げる。なぜなら乙女座は、環境から「願われ」なければ自己存在を確認することができないからだ。

6はヘキサグラム・六芒星。ピタゴラスは6を最初の完全数(1+2+3)と呼んだ。私=3が環境=3の求めに応じることで、個人の完全な世界「6」が完成するいうことだ。ゆえに、乙女座はひたむきに自身の仕事に向き合い、環境からの応答を待つ。陰サイン、柔軟サインの乙女座は、非常に受動的な性質を持っている。

この私で本当に大丈夫だろうか。私の技術はちゃんと環境の求めに応じられているだろうか。そんなふうにおそるおそる自身の存在を環境に広げていく。世界と調和し、命のありかを確かめたい。そんな慾でない慾を持っているのだ。
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事