星コラム 星占い的めがね

星占い的めがね

 メガネとは、視力が良くない人が物事をよく見るためのもの、花粉やブルーライトなど外から目を守るためのもの、オシャレのためにかけるもの。 ある時は乙女座のアイテムであり知性を象徴するであろうし、老眼鏡は山羊座土星を感じさせ …

Read Article Read More

時期読みライブラリ Vol.1:あなたにとって、天秤座木星とはどのようなものだったのか

Vol.1:あなたにとって、天秤座木星とはどのようなものだったのか

あなたにとって、天秤座木星とはどのようなものだったのか。 どのような喜びや効果、問題をもたらしたのか。そもそも、天秤座とはどのようなサインなのか。 このテーマの意図は、「蠍座木星をより深く理解し、よりよく利用するためには …

Read Article Read More

トランジット 射手座の水星 デトリメントと逆行

射手座の水星 デトリメントと逆行

みねんこです。先週11/6から水星が射手座に入りました。 対向サイン双子座のルーラーである水星はここではデトリメントです。最近はデトリメント天体の期間をどういうふうに過ごそうかを考えるのがマイブームです。今日も考えてみた …

Read Article Read More

今月のBooK 子どものころ印象に残った童話とホロスコープ

子どものころ印象に残った童話とホロスコープ

子どものころ印象に残った童話は、その人の人生の脚本になっているという説を聞いたことがあります。 自分のホロスコープと照らし合わせると、案外それを象徴する箇所があったりします。 童話でなくても、マンガやアニメやライトノベル …

Read Article Read More

嫁にいこうプロジェクト 嫁にいこうプロジェクト#06:言いたいことも言えないポイズンなクソアマが、言いたいことを言える素敵な大人のレディに成長した話~天秤座木星期をふりかえって~

嫁にいこうプロジェクト#06:言いたいことも言えないポイズンなクソアマが、言いたいことを言える素敵な大人のレディに成長した話~天秤座木星期をふりかえって~

木星、もう蠍座に異動しちゃいましたね! 蠍座木星期がどうなるかって見通しが続々出てきていて、見ていて楽しいですよね。 そんな中で、私は空気を読まずにもう終わってしまった天秤座木星期を振り返ります! もうね、タイトルにすべ …

Read Article Read More

嫁にいこうプロジェクト 嫁にいこうプロジェクト#05:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題③後編

嫁にいこうプロジェクト#05:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題③後編

本日はスタートラインに立ってなかったよ問題の最後です。ほんとに最後! ③それにより、現実問題何を望むのか明確じゃなかった。の後編です。 嫁にいきたいのにいけない原因…っていうか、 あんたスタートラインにさえ立ってなかった …

Read Article Read More

今月のArt モネの作品に見る、蠍座が求める自己変容と、奥底から湧き出る限りのない創造性

モネの作品に見る、蠍座が求める自己変容と、奥底から湧き出る限りのない創造性

天秤座では知性によって世界を俯瞰し、その中で自分の価値観を発信していくことによって多様な人々と調和的な関係を育むことを学びました。 相互関係の最終段階で水のエレメントの蠍座では、意見交換という風の軽やかさを超えて、他者と …

Read Article Read More

嫁にいこうプロジェクト 嫁にいこうプロジェクト#04:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題③前編

嫁にいこうプロジェクト#04:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題③前編

本日はスタートラインに立ってなかったよ問題の最後です。 やっと最後!なんか気軽に三本立てにして非常に苦しんだから 今後はこういう構成は行き当たりばったりでしない!笑   嫁にいきたいのにいけない原因…っていうか …

Read Article Read More

嫁にいこうプロジェクト 嫁にいこうプロジェクト#03:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題②

嫁にいこうプロジェクト#03:なぜ私は嫁にいきたいのにいけないのか…スタートラインに立ってない問題②

はい、今回は前回の続きです。 前回は①の相手のいいところも悪いところも受け入れて、二人で生きていく覚悟 パートナシップを築く前提として、未熟すぎて自爆したよって話をいたしました。   嫁にいきたいのにいけない原 …

Read Article Read More

今月のArt ミレーの作品に見る、天秤座が中心に据える美意識と調和へ投じる知の一石

ミレーの作品に見る、天秤座が中心に据える美意識と調和へ投じる知の一石

天秤座で12サインは後半へと入り、前半部分での個人の成長から、今度は社会性を育むことにテーマが移ります。 言わば、個人のために個人があったところから、社会のためにこれまでに培われてきた個性があるというように、主語のスケー …

Read Article Read More