Pocket
LINEで送る

夏至の食べ物と言えば??

日照時間の少ない国では夏至祭りが盛大におこなわれます。冬と夜が長い時を過ごす国の人々にとっては、本当に喜ばしい季節であり、作物の実りの意味からも夏至は繁殖のパワーを秘めた日というようなニュアンスでお祝いされているようです。祭の習慣の中には男女の結びつきを占う、というのもあるそうですよ。

日本は梅雨の時期ですし、夏至から11日後の「半夏生(はんげしょう)」と呼ばれる日までが田植えの最盛期であり、田植え作業に忙しいので、お祭りや何か特別なことをする余裕がなかったのでしょう。 田植えが終わり次第、地方で決まった食べ物を食べたり、何か行事やお祭りをしたりすることが多かったようです。

北欧では6~7月は夜も陽が沈まない「白夜」の季節と呼ばれていて、スウェーデンの夏至祭では豊穣のシンボル「マイストング」といわれる夏至柱を立てて、民族楽器、ニッケルハルパの演奏に合わせて、夜遅くまでみんなでフォークダンスを踊り、伝統料理であるニシンの酢漬けやディルと一緒にゆでたじゃがいもなどを食べながら、ビールやシュナプスを飲んで盛り上がります。そして未婚女性は夏至の夜に7種類の草花を枕の下において寝ると未来の夫の夢が見られるんだそうです。ただし守らなければならないのは花を摘んでいる間は一言も口を聞かないこと。

chie0616

これは確かにいい夢が見られそうですね。試してみたいけど東京では難しい…お花屋さんに行ったらお店の人と口聞いてしまいますからね…。

しかしここでサードメディスン的逆読み考察を発揮して、草花の香りと食べ物のパワーから夢見の不思議を考えてみました!

ニシンは特に脳の働きによいとされるEPAやDHAなどの脂肪酸をイワシやサンマやサバよりも多く含んでいるんです。そして、北欧料理によく使われているハーブ、ディル。「魚のハーブ」と称されるほど、魚介料理と相性のよいハーブで、その薬理作用は魚の持つ脂肪酸の働きを上手に調整してくれるということです。ヨーロッパでディルは優れた安眠作用をもつことで知られていて、煎じ湯を夜泣きの赤ちゃんに飲ませたり、種を枕に入れて深い眠りに導いたりしていたそうです。ディルの芳香成分自体には安眠に特化する働きはないのですが、日光浴の少ないヨーロッパ人の体質には反対にバランスを取ろうとする働きが安眠に作用していたのではないでしょうか。

chie0616_02

なるほど!脳を活性化させるニシンを食べて、ディルの効果で深い眠りにつき、花束を枕元に置いて寝たら、まさに寝ている間に脳と女性ホルモンが活性化して潜在意識にいる男性の夢が見られそうではないですか!お花を摘んでいる間にもきっと新鮮な芳香成分を吸い込んでいて、その間に人と話さないというのも、寝ている間に活性化させることに貢献しているかもしれません!!

ということで、夏至の夜には魔法のスウェーデン料理!
酢漬けニシンとディルのチーズケーキ!
夏至の夜にこれを食べて、寝る前には好きな香りのお花のアロマをお部屋に炊いてみたら未来の夫の夢がみれるかもしれません?!
chie1616_03

材料(10人分:丸型ホールケーキ)

【クラスト部分】
ライ麦パン150g
バター 50g

【フィリング】
ゼラチンシート 4枚
酢漬けニシン600g
玉ねぎ1個(小)
ディル(刻み)50ml
ピクルス50g
カテージチーズ又はクリームチーズ200g
サワークリーム300ml
黒コショウ 大さじ1/4

【飾り用】
固ゆで卵3個
酢漬けニシン巻き
チャイブ

レシピ

1. ライ麦パンを手で細かくちぎる

2. バターを溶かし、ちぎったパンと混ぜる

3. 22cmの丸型ケーキパンにワックスペーパーをしいた上に2を敷き詰めてまんべんなく押して冷蔵庫に15分程入れる

4. ゼラチンを5分程冷水に浸す

5. 玉ねぎ、ディル、ニシン、ピクルスを細かく切って、カテージチーズとサワークリームと黒コショウを入れて混ぜる

6. ゼラチンを取り出してよく絞り、小さい鍋に大さじ2杯程の水に入れて弱火で溶かし、それを3に入れてよく混ぜる

7. 冷蔵庫に入れた丸型ケーキパンの上に6を注いで、4時間以上冷蔵庫で冷やす

8. 型からはずし、スライスしたゆで卵とニシン巻きとチャイブをのせて飾り付け

この記事を書いたひと

ちえむら
ちえむら
Website  Note of Chiemura

サードメディスン・インストラクター、ハーバリスト、占術師
ちえむら

アロマの香りから嗅覚の反応を通して体質や気質を診る、サードメディスンの実施店、教室をしています。読み解きには臨床データに基づく植物の薬理作用がベースとなり、導き出される改善策は栄養面から運動法やお風呂の入り方など生活の中で活用できる民間療法から、植物療法をアドバイス。占星術は星のサイクルを、環境と心と体をホリステックにみる視点として活用しています。
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
ちえむら
Website  Note of Chiemura サードメディスン・インストラクター、ハーバリスト、占術師 ちえむら アロマの香りから嗅覚の反応を通して体質や気質を診る、サードメディスンの実施店、教室をしています。読み解きには臨床データに基づく植物の薬理作用がベースとなり、導き出される改善策は栄養面から運動法やお風呂の入り方など生活の中で活用できる民間療法から、植物療法をアドバイス。占星術は星のサイクルを、環境と心と体をホリステックにみる視点として活用しています。