赤ペン12サイン占い2020 山羊座

12星座占い 12/21~1/19-- nicoの赤ペン添削付き

心理占星術家nicoが主宰するニコラボメンバーによる12サイン占い。

個性あふれる12人の占星術家が語る各星座の星宙予報を、nicoが心理占星術をベースに赤ペン添削!

目次

牡羊座 牡牛座 双子座 蟹 座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍 座 射手座 山羊座 水瓶座 魚 座

 

牡羊座

時代が不況と呼ばれるようになってから「生き残るために」という言葉があちこちで囁かれているけど、あなたは時代の流れなどお構いなしにいつだって生き抜くために闘ってきたのではないだろうか。この時期から闘いのフェーズは今を守る闘いから未来を掴むための闘いへと変わろうとしています。そうはいってもあなたのやることは変わらない。目の前のことにどれだけ全力でぶつかれるか。この達成感があなたを充実させてくれるのだから。この時期はその力の矛先をもう少し大きなものへと向けてみて下さい。自分を取り巻く人たちに向けて「私、これだけやってます!」と叫ぶくらいの気持ちで挑んでみよう。ちょっと図々しいかなと思うくらいの振る舞いが、あなたには必要なのです。12/20~今年いっぱいは力試しの時期。打ち込むことに対して貪欲になってみたら一皮剥けるかも。12/27 以降、情報に惑わされがちになるかも。口コミやレビューはあくまで他人の意見。自分がこれだ! と思う選択をするように心がけてみましょう。

rocco(太陽:牡羊座 月:双子座)

▲目次へ戻る

牡牛座

“「社長」「役員」などの肩書を取り払って、自分を認めることが、人生を肯定して後悔を残さないための第一歩なのです。ー 樋野興夫

 

年の瀬迫るこの時期、一年のあれやこれに思いを馳せる機会が増える。出来たこと・出来なかったこと・あんな事しなければ…。と【後悔の卵】が、心のどこかにひとつやふたつひょっこりと産み出されることもあろう。そんな卵たちをあたため続ける前に、本当に自分は何も出来なかったのか・手にしていないのか・間違っていたのか? それらを忠実に振り返り、自分自身を実感するための時間を設けてほしい。たとえば、目を閉じて深呼吸。目の前に大きくてステキなテーブルを思い浮かべてみる。そこには自分のお気に入りの数々を並べる。ティーカップひとつでもいい。たくさんじゃなくたっていいのだ。大切なのはそのティーカップを「いいじゃん!」と感じ、選び抜いたあなたの感性。それだってあなたにとっての一つの価値だ。そして、来年はこのテーブルにさらにどんなものを並べていきたいか。何があったら、誰と囲んでいたらステキだろう。そんな夢を描いてみる年の瀬はいかがだろうか。夢は手応えの上で描くばかりではない。手探りであっても夢は夢として成立する。

ひかり(太陽ː魚座・月ː双子座)

▲目次へ戻る

双子座

今年は誰もが頑張って生きたけれど、あなたはもっとすごくて、この三年間揉まれまくって生き抜いてきた。そしてあなたほど、生まれ変わったように、新天地でチャレンジしようとしている人はいないと思う。ここからは、磨いてきた自分らしさを堂々と発揮して世界を広げていこう!…と言いたいところですが。12/23、力不足が明らかになるかも。でも諦めないで。みんなのペースと違っても焦らない、むしろ違いを楽しもう。それよりもまわりと比べることで、やる気を失う方がもったいない。情報収集力を活かしてスキルアップの方法を探してみたり、得意な人のサポートを受けてみよう。人と関われば、思いがけず、自分の方が得意で分かりやすく教えることができる分野があることにも気づけるかもしれない。

1/10~12、工夫や調整したことを試してみる時。まだ足を引っ張っているものに気づけるかも。もう使えない古い情報を抱えているとか、まわりの顔色をうかがって疲弊しているとか。ムリやムダが多すぎないか、ここで再確認。よりステップアップが期待できる来月に向けて、もっとスッキリさせておこう☆

ともりん(太陽:魚座 月:魚座)「星座とカードと植物とホントのきもち★Spirit wings★札幌」

 

▲目次へ戻る

蟹座

今年も蟹の季節がやってきました。寒い時には温かい鍋ですよね。でも、食べるの面倒くさくてやだと思う人、海老の方が好きだったり、甲殻類がダメって人もいたりで、誰にでもオススメってわけにはいきません。好き嫌いはダメと言われがちですが、自分の好きなもの、苦手なものはきちんと知っておきたいもの。山羊座期の蟹座さんは、「もっと発言力をもちたい」「もっと必要とされたい」という気持ちがさらに高まっています。でも、みんなが“良い”とか“こうするべき”だ、というものにふいっと飛びついてしまって「みんなに喜んでもらえる、ちゃんとした私」になろうとすると、後々しんどくなっていきそう。なので「蟹みそさえあればいい」とか「こんなご時勢に忘年会はダメというけど、みんなが必死で黙って食べる蟹なら大丈夫!」とかそういった自分なりのこだわりや意見を回りに理解させる工夫をしつつ、無理せず活躍の場を広げてもらえたらなあと思います。

はるさめ(太陽:魚座 月:蠍座)

▲目次へ戻る

獅子座

ここ数年、自分と向き合い環境や技術の改善を続けてきたのだろうと思います。自分のプログラムを組む作業はトライ&エラーの繰り返しで地味で孤独ですが、丁寧に今の自分を役立てるために努力してきたことでしょう。ここからはその自分プログラムのリリース時期に入ります。外からの刺激は強く、アップデートの日々は続くでしょう。楽しいばかりではなくても、そこには一人では行けなかった世界が広がり、味方にも沢山出会えます。勇気を持ってステージに立ったからこその景色が見えるのです。人間関係が活発になる時期ですが、気を付けてほしいのはあなたらしさを大切にすること。他者の影響も強いので自分を良く見せようとしてしまいたくなりますが、自分は自分だと割り切って等身大のあなたを見せてください。また、これまでのやり方が活かせない時代に入るので選択をする際には過去ではなく未来に、安定よりも面白さにヒントを探してみるとよさそうです。

ヤエ(太陽:獅子座 月:魚座)

▲目次へ戻る

乙女座

予定外の変更、計画白紙、先の見えない現実、激動2020年も残り10日。12/30満月、まずは大きな目で振り返り実際の収穫内容のチェック。ホントに自分よくやったよ! と評価できる点を三つ数え出してみよう。計画建て直し、切り換え決断、健やかさを保つ工夫、ギリギリ綱渡りで切り抜けた場面。イレギュラーで困難な時期ならではの貴重な成果、予期せぬ修得があるはずです。人に誇れる成功からは遠くても、常に挑戦し、成長し、到達のドラマを生き抜いた自分を素直に祝ってフィナーレを飾ろう。新たな年のゴール設定は1/13新月までに。ステージを上げる、一層深める、新たな挑戦、復活の再チャレンジ、大方針となる言葉、自分へのエールになる言葉を選んで気持ちをグッと引き上げていこう。大方針に沿って動いた自分を褒めて伸ばすことで、一見ばらばらの日々の出来事に潜む長年の課題や長期的未来を見とおす眼力が育まれます。運と道を開き、新風を呼び込もう。

みねんこ(太陽:天秤座 月:蠍座)「ものごとのなかば

 

▲目次へ戻る

天秤座

春、夏、秋と自粛生活が続いた2020年。家にいても案外平気と言っていても、どこか置いてきぼりにされたような虚しさに襲われた日。誰かと一緒にいたいと願うほど、迷惑じゃないかと不安に駆られた日。そんな風に、平常心を保つことにさえ苦戦した一年だったかも。ただ、心の揺れと真摯に向き合ったからこそ、人間関係や生活スタイルなど、自分にとって不可欠なもの、逆に、単なる惰性や見栄で実は不要なものとの違いに、敏感に気付いたのでは? 心が激しく揺れた出来事は、自分の本質に向かうための道標。研ぎ澄まされたシンプルな姿は、本人が思う以上にパワフルで魅力的です。でも、黙っていても自然と周りに伝わると思ったら大間違い。等身大の自分を掴んだ後は、それをアピールする勇気が問われます。人任せでもなく、わかってくれないと怒り爆発といった子供じみた対応でもなく。新年は、ぜひ、ニュートラルかつ爽やかに、自分らしさを伝えることにチャレンジを。

えりか(太陽:牡羊座 月:水瓶座)

▲目次へ戻る

蠍座

喜びは二倍、悲しみは半分に分かち合い…どこかの祝いの席で聞くような台詞であるが、2021年のスタートはこんな言葉を意識するスタートになるかもしれない。人生のなかで人との出会いは、その後の歩む景色さえも変えてしまう不思議さをもっている。何を惹きつけ、誰と交流していくのか。もし、いい出会いを求めるなら、自分を言葉にしよう。なにが好き、こんなことを考えている、これを目指している…その人となりがわかるからこそ共感する人、それに通ずるアイデアを持つ人が集まるのだ。あなたは今、初冬の寒さのなか心の中に火を灯すように、未来の自分に期待し、夢を温めているかもしれない。冬至からの一ヶ月は思いを行動へ。そして、できると思ったけど実際は伝わらなかった…そんな体験もあっていい。自分が持つ「きっとこうだろう」という価値観が壊れたときこそ勇気を持ち新しい考えをとり入れる時だ。きっとこれから沢山の新しい自分と出会えるチャンスがはじまるスタートなのだから。

まさこ(太陽:獅子座 月:蟹座)

▲目次へ戻る

射手座

あなたにとっての価値ある社会とは何か? 理想とは何か? それに向かって情熱と向上心をもって行動する姿を見せることで、誰かのやる気スイッチを押すことはあるだろう。だけど分かる人が分かればいいという考え方では勿体ない。言い方や伝え方ひとつで協力者や仲間は増える。大きなものを大きく伝えるだけでなく、相手の受け取りやすい言葉にカスタマイズするバリエーションを持つことは、あなたが思う以上に重要で大切なことだ。たった一言の声がけからコミュニケーションが生まれ、喜びと共にあなたの理想が具体的に広がっていく。これまでよりももっとたくさんの人のお役に立つことができ、結果、あなたの望む未来に近づくだろう。あなたの理想に向かって邁進していくエネルギーには価値がある。それを行動だけでなく言葉でも表現しシェアしていくことができれば、未来を明るく広げる突破口になる。そんなことに気づき始める一ヶ月になりそうだ。

☆Resage(太陽:牡牛座 月:牡牛座)「人生の波乗り上手になるための運気予報」

 

▲目次へ戻る

山羊座

いまやり続けていることと、いつもいつも楽しく向き合ってきたわけじゃない。苦しい思いに駆られた事件もあっただろう。でも、あなたは投げ出すことは選ばなかった。耐え忍ぶのではなく、自分に合ったやり方へと徹底的にカスタマイズすることで、あなたは苦難を遠ざけた。あなただけに特化したマニュアルは、シェアしたところで、だれもが踏襲できるものではない。しかし、必要としている人は必ずいる。なぜなら、あなたは理想論や机上の空論を掲げないから。コンディションやモチベーションに頼らず、実際に自分の時間や能力を使って、あなたが活躍するフィールドで、苦難を乗り越え成果へと辿り着いた。その導線を詳らかなものにした。あなたの体験は、だれかがいま直面する苦難を解消する一手となる可能性がある。あなたが築き上げたスタイルを語る機会が訪れるだろう。その時は躊躇わず壇上に立ってほしい。新しい自由と新しい責任があなたを祝福している。

うか子(太陽:蠍座 月:双子座)

▲目次へ戻る

水瓶座

冬至の季節。太陽の光は遠くなり、空気はいよいよ清冽になっていきます。この一年、あなたが心を込めて行ってきた試みや活動はどのようなものでしたか。心静かになれる時間をとって、それらを言葉にしたり、文章にしてみてください。コツコツと積み上げてきたこれまでの経験からご自身の進んでいく方向性は見えてきているはずですが、書きだすことでより具体的なものにしていってほしいのです。あなたの願いや活動は、これから先、多くの人々の目に触れて、オフィシャルなものへと姿を変えていこうとしています。そのために、あなた独自の考えやスタイルを汎用化していく必要があります。あなたがいなくても運用できるようなシステムと、理念の共有ができていれば、それは、やがて、世の中のスタンダードになっていきます。あなたを迎え入れる土壌はすでに整いつつありますので、あとは、あなたがみんなに伝わるようなわかりやすいシナリオを用意するだけです。

ふみ(太陽:獅子座 月:山羊座)

▲目次へ戻る

魚 座

この時期の魚座は、周囲に漂う不透明な空気を敏感に感じ取ってしまい、ついつい近視眼的な思考に囚われてしまいがちだ。身近な誰かの言動は言うまでもなく、テレビやネット上の薄っぺらい情報に一喜一憂している現状に気づいたら、これまでとはひと味違う自分に生まれ変わるチャンスだと思ってほしい。すべてがおぼろげで心許ないときこそ、焦点を合わせるべきは自分自身だ。他人が引き起こすもろもろに振り回されて、感情的に反応してしまうこともあるだろう。そんなときでも一呼吸置いて、意識をできる限り自分に戻すことができれば、物事が少し高い視点から見えてくる。目の前で巻き起こる様々なことに対して、どう考え、どう行動すればいいのかが直観的にわかるようになるはずだ。視界が広がり心がクリアになればなるほど、明るい未来を想い描くのも容易になっていくだろう。心なしか成長した自分を誇らしく思いながら、思う存分夢を膨らませてみてほしい。

苑宮 泉(太陽:天秤座 月:天秤座)

 

▲目次へ戻る

総評

山羊座から水瓶座へと天体が移動し、社会的にもテーマが変わっていくとき、占星術を使って伝えるべきことは何だろう。そんなことを考えながら読ませていただきました。今回はせっかくダイナミックに天体が移ったので、それぞれのサインにとってこれまでの山羊座・土星木星はどのような意味があったのか、それがこれからどのような意味へと移っていくのか、その辺に少し触れてもらえたら、ふさわしい移行のイメージを持ってもらえるのではないかなと思いました。そういうのが書かれたテキストは、年末というのもあり、終わらせつつ始めるという流れをイメージしやすかったです。

2020年の難しい時期に、それぞれの言葉で星の言葉をおろしてくれました。2021年もメッセンジャーとして、どのような言葉を伝えてくれるのか楽しみです。来年もどうぞよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう